真夜中のたずねびと [単行本]
    • 真夜中のたずねびと [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年12月1日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003323065

真夜中のたずねびと [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年12月1日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日: 2020/09/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

真夜中のたずねびと [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    次々と語られる、闇に遭遇した者たちの怪異譚。ゲストハウスでほんの一時関わっただけの男から送られてくる、罪の告白。その内容は驚くべきもので…。(「さまよえる絵描きが、森へ」)。弟が殺人事件を起こし、一家は離散。隠れ住む姉をつけ狙う悪意は、一体、誰のものなのか。(「やがて夕暮れが夜に」)。全五篇。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    ずっと昔、あなたと二人で;母の肖像;やがて夕暮れが夜に;さまよえる絵描きが、森へ;真夜中の秘密
  • 出版社からのコメント

    次々と語られる、闇に遭遇した者たちの怪異譚。束の間関わっただけの男から送られてくる罪の告白は、驚くべき内容で……。全5篇。
  • 内容紹介

    闇はあなたの後ろに、今も佇む――。忍び寄る足音に背筋が寒くなる連作集。次々と語られる、闇に遭遇した者たちの怪異譚。ゲストハウスでほんの一時関わっただけの男から送られてくる、罪の告白。その内容は驚くべきもので……(「さまよえる絵描きが、森へ」)。弟が殺人事件を起こし、一家は離散。隠れ住む姉をつけ狙う悪意は、一体、誰のものなのか(「やがて夕暮れが夜に」)。全五篇。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    恒川 光太郎(ツネカワ コウタロウ)
    1973年東京都生まれ。2005年『夜市』で第12回日本ホラー小説大賞を受賞し、デビュー。同作は単行本化され、第134回直木三十五賞候補になる。14年『金色機械』で第67回日本推理作家協会賞を受賞

真夜中のたずねびと [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:恒川 光太郎(著)
発行年月日:2020/09/15
ISBN-10:4103130423
ISBN-13:9784103130420
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:269ページ
縦:20cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:393g
他の新潮社の書籍を探す

    新潮社 真夜中のたずねびと [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!