第五脳釘怪談(竹書房怪談文庫) [文庫]
    • 第五脳釘怪談(竹書房怪談文庫) [文庫]

    • ¥71522ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月27日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003325095

第五脳釘怪談(竹書房怪談文庫) [文庫]

価格:¥715(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月27日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2020/11/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

第五脳釘怪談(竹書房怪談文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    伝説の実話怪談“脳釘怪談”のシリーズ最新刊が満を辞して登場!キャンプ中に突如体験した戦慄の出来事とその顛末「呼ばれる」、恐ろしい夢を見てしまう禁忌の部屋では過去何が…「食人の間」、関ヶ原古戦場で不気味な風体のものたちに出遭う「欠けた人」、怖い話を綴る業なのか、怪談作家や家族の身に起きたリアル恐怖譚「ある怪談作家の家」、無人の部屋で勝手に点いたモニター、映し出された恐怖とは…「窒息オーディション」などファン待望の恐怖満載、60話を収録。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    ニコッパチ;ノイズ;死んでしまいたい;送り先;呼ばれる;心の神;裏側の顔;あゆいの男;魚喉;墓を指さす〔ほか〕
  • 出版社からのコメント

    ネット企画「この竹書房文庫がすごい!」で堂々1位を記録した「脳釘怪談」シリーズ、待望の最新作!一度読んだら忘れられない!
  • 内容紹介

    Twitter投稿企画、竹書房文庫ランキング1位 実話怪談シリーズ最新刊!

    男は呟いた…「裏側にも顔があって怖かったので殺したのです」(「裏側の顔」より)

    伝説の実話怪談〈脳釘怪談〉のシリーズ最新刊が満を辞して登場!
    ・キャンプ中に突如体験した戦慄の出来事とその顛末…「呼ばれる」
    ・恐ろしい夢を見てしまう禁忌の部屋では過去何が…「食人の間」
    ・関ヶ原古戦場で不気味な風体のものたちに出遭う…「欠けた人」
    ・怖い話を綴る業なのか、怪談作家や家族の身に起きたリアル恐怖譚…「ある怪談作家の家」
    ・無人の部屋で勝手に点いたモニター、映し出された恐怖とは…「窒息オーディション」
    ――などファン待望の恐怖満載、60話を収録。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    朱雀門 出(スザクモン イズル)
    大阪府生まれ。2009年、「今昔奇怪録」で第16回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞
  • 著者について

    朱雀門 出 (スザクモン イヅル)
    朱雀門 出
    Suzakumon Idzuru
    大阪府生まれ。2009年、「今昔奇怪録」で第16回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞。
    著書に受賞作を収録した『今昔奇怪録』『首ざぶとん』、実話怪談では「脳釘怪談」シリーズ。
    共著に「怪談五色」シリーズ、『京都怪談 神隠し』など。

第五脳釘怪談(竹書房怪談文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:朱雀門 出(著)
発行年月日:2020/12/04
ISBN-10:4801924859
ISBN-13:9784801924857
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:223ページ
縦:15cm
横:11cm
厚さ:1cm
重量:135g
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 第五脳釘怪談(竹書房怪談文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!