快楽としての動物保護―『シートン動物記』から『ザ・コーヴ』へ(講談社選書メチエ) [全集叢書]
    • 快楽としての動物保護―『シートン動物記』から『ザ・コーヴ』へ(講談社選書メチエ) [全集叢書]

    • ¥2,42073ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年1月19日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
快楽としての動物保護―『シートン動物記』から『ザ・コーヴ』へ(講談社選書メチエ) [全集叢書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003326251

快楽としての動物保護―『シートン動物記』から『ザ・コーヴ』へ(講談社選書メチエ) [全集叢書]

価格:¥2,420(税込)
ポイント:73ポイント(3%還元)(¥73相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年1月19日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日: 2020/10/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

快楽としての動物保護―『シートン動物記』から『ザ・コーヴ』へ(講談社選書メチエ) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    私たちは、絶滅が危惧される動物や虐待される動物に胸を痛め、動物を大事にするのはよいことだ、と信じています。しかし、そうした考えの起源は意外に新しいものです。誰もが子どもの頃に手にした『シートン動物記』の著者、テレビ番組の取材中にヒグマに襲われて死去した写真家、そして和歌山県太地町の伝統的なイルカ漁を糾弾する映画―三つの事例の向こう側に控える時代背景、交錯する思惑、政治的意図、イデオロギーを詳細に追求していく本書は、私たちの常識を心地よく覆します。気鋭の著者が書き上げた読者への挑戦状!
  • 目次

    はじめに
    序 論――東西二元論を越えて
    第I章 忘れられた作家シートン
    一 『動物記』とアメリカ
    二 「人種再生」のビジョン
    三 日本科学の精神と『動物記』
    四 孤高の人々――平岩とシートンの動物観
    第II章 ある写真家の死――写真家・星野道夫の軌跡
    一 Michioの死とその周辺
    二 原野をめぐる言説
    三 星野が見た「アラスカ」
    第III章 快楽としての動物保護――イルカをめぐる現代的神話
    一 なぜイルカなのか
    二 イメージの系譜学
    三 人種階層と動物保護
    四 宇宙を泳ぐイルカ
    五 再び『ザ・コーヴ』へ
    おわりに

    文献一覧
    初出一覧
  • 出版社からのコメント

    動物を大切にするのは無条件に「よいこと」なのか?――シートン、星野道夫、映画『ザ・コーヴ』を通して浮かび上がる衝撃の真実。
  • 内容紹介

    ペットと家族同然に暮らしている人はもちろん、テレビやネットで目にする動物の映像を見てかわいらしく感じたり、絶滅が危惧される動物や虐待される動物がいることを知って胸を痛めたりする私たちは、動物を保護するのはよいことだと信じて疑いません。しかし、それはそんなに単純なことでしょうか――本書は、このシンプルな疑問から出発します。
    子供の頃、挿絵が入った『シートン動物記』をワクワクしながらめくった記憶をもっている人でも、作者のアーネスト・T・シートン(1860-1946年)がどんな人なのかを知らない場合が多いでしょう。イギリスで生まれ、アメリカに移住してベストセラー作家となったシートンは、アメリカではやがて時代遅れとされ、「非科学的」という烙印を捺されることになります。そうして忘れられたシートンの著作は、しかし昭和10年代の日本で広く読まれるようになり、今日に至るまで多くの子供が手にする「良書」の地位を確立しました。その背景には、シートンを積極的に紹介した平岩米吉(1897-1986年)という存在があります。
    こうして育まれた日本人の動物観は、20世紀も末を迎えた1996年、テレビの人気番組の取材で訪れていたロシアのカムチャツカ半島南部にあるクリル湖畔でヒグマに襲われて死去した星野道夫(1952-96年)を通して鮮明に浮かび上がります。この異端の写真家は、アラスカの狩猟先住民に魅了され、現地で暮らす中で、西洋的でも非西洋的でもない自然観や動物観を身につけました。それは日本人にも内在している「都市」の感性が動物観にも影を落としていることを明らかにします。
    本書は、これらの考察を踏まえ、2009年に公開され、世界中で賛否両論を引き起こした映画『ザ・コーヴ』について考えます。和歌山県太地町で行われてきた伝統的なイルカ漁を告発するこのドキュメンタリーは、イルカを高度な知性をもつ生き物として特権視する運動と深く関わるものです。その源に立つ科学者ジョン・カニンガム・リリィ(1915-2001年)の変遷をたどるとき、この映画には異文化衝突だけでなく、近代の「動物保護」には進歩主義的な世界観や、さらには西洋的な人種階層のイデオロギーが反映されていることが明らかになります。
    本書は、動物を大切にするというふるまいが、実は多くの事情や意図が絡まり合った歴史を背負っていることを具体的な例を通して示します。一度立ち止まって考えてみるとき、本当の意味で動物を大切にするとはどういうことかが見えてくるでしょう。

    [本書の内容]
    はじめに
    序 論――東西二元論を越えて
    第I章 忘れられた作家シートン
    第II章 ある写真家の死――写真家・星野道夫の軌跡
    第III章 快楽としての動物保護――イルカをめぐる現代的神話
    おわりに
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    信岡 朝子(ノブオカ アサコ)
    1974年、東京生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。現在、東洋大学文学部准教授。専門は、比較文学・比較文化
  • 著者について

    信岡 朝子 (ノブオカ アサコ)
    1974年、東京生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。現在、東洋大学文学部准教授。専門は、専門は、比較文学・比較文化。
    主な著書に『核と災害の表象』(共編者、英宝社)、主な論文に「公害を語るナラティヴ」(『文学論藻』第94号)、「3・11のリフレーミング」(『東洋通信』第54巻第4号)、「写真の限界、テクストの意義」(『比較文學研究』第101号)、「メアリー・ノートン『床下の小人たち』シリーズに見る自然への憧憬」(『人間科学総合研究所紀要』第15号)など。

快楽としての動物保護―『シートン動物記』から『ザ・コーヴ』へ(講談社選書メチエ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:信岡 朝子(著)
発行年月日:2020/10/07
ISBN-10:4065212596
ISBN-13:9784065212592
判型:B6
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:自然科学総記
言語:日本語
ページ数:400ページ
縦:19cm
他の講談社の書籍を探す

    講談社 快楽としての動物保護―『シートン動物記』から『ザ・コーヴ』へ(講談社選書メチエ) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!