なってみる学び―演劇的手法で変わる授業と学校 [単行本]
    • なってみる学び―演劇的手法で変わる授業と学校 [単行本]

    • ¥2,530152ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月19日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003327434

なってみる学び―演劇的手法で変わる授業と学校 [単行本]

価格:¥2,530(税込)
ポイント:152ポイント(6%還元)(¥152相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月19日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:時事通信出版局
販売開始日: 2020/10/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

なってみる学び―演劇的手法で変わる授業と学校 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    自分が知らない世界にワクワクしながら、そして喜怒哀楽さまざまな感情を経験しながら学ぶこと。自らの感覚を働かせ、それに根ざした想像力を発揮するような学びがここに。
  • 目次

    第1章 授業を変える
    1.身体と空間、想像力を活用した学びと演劇的手法
    2.きっかけとなった一つの授業と節目となった三つの授業
    3.美濃山小での演劇的手法を用いた授業を支えるもの
    4.特別支援学級で織りなされたドラマ ― スーホになった子どもたち
    5.失敗と戸惑い、そしてそこから生み出されるもの
    第2章 校内研修を変える
    1.学び手感覚の活性化と同型性
    2.活動試行・模擬授業ワークショップ・追体験
    3.美濃山版事後研!なってみて、語り、学び合う90分
    4.教師自身がたっぷり劇を経験する 年に一度のミュージカル・ワークショップ
    第3章 公開研を変える
    1.公開研にまで原理を一貫させる
    2.つくってみるプロセスとしての公開研のデザイン
    第4章 取り組みの軌跡
    1.研究主任に聞く取り組みの経緯
    2.教師のアンケートとインタビューから見る2年間の変化
    3.外部講師として校内研究にかかわる
    4.学校の外とつながりながら実践に取り組む
  • 出版社からのコメント

    自分が知らない世界にワクワクし、様々な感情を経験しながら学ぶ。授業づくり・学校づくりのあり方の一つの可能性を提示する。
  • 内容紹介

    「なってみる」授業から、「なってみる」校内研修、「なってみる」公開研究発表会へ。自分が知らない世界にワクワクしながら、そして喜怒哀楽さまざまな感情を経験しながら学ぶこと。自らの感覚を働かせ、それに根ざした想像力を発揮するような学びがここに。本書では、そうした課題に挑み、教師集団も子どもたちも共に変化を遂げていった学校を取りあげ、授業づくり・学校づくりのあり方の一つの可能性を提示する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    渡辺 貴裕(ワタナベ タカヒロ)
    東京学芸大学教職大学院准教授。専門は教育方法学、教師教育学。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程満期退学。演劇的手法を用いた学習の可能性を現場の教員と共に探究する「学びの空間研究会」を主宰。演劇教育・ドラマ教育関連の業績に関して、日本演劇教育連盟より演劇教育賞、全国大学国語教育学会より優秀論文賞、日本教育方法学会より研究奨励賞を受賞。授業や模擬授業の「対話型検討会」の取り組みなど教師教育分野でも活躍

    藤原 由香里(フジワラ ユカリ)
    京都府八幡市立美濃山小学校教諭。兵庫教育大学大学院学校教育研究科教育コミュニケーションコース修了(学校教育学修士)。2016年度から2019年度の4年間、国語加配兼研究主任として「演劇的手法を生かした授業づくり」をテーマに校内研究を推進。初任時代より演劇やダンスのワークショップに参加。表現を通した学びについて関心を持ち研究を行うとともに、研究会の事務局や研修会のファシリテーションを務める。2011‐12年度は、休職して大学院に進学。修士論文の題目は『学びの“新しいメタファー”としての即興演劇―相互行為の中で創造される意味とパフォーマンス―』
  • 著者について

    渡辺貴裕 (ワタナベタカヒロ)
    東京学芸大学教職大学院准教授。専門は教育方法学、教師教育学。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程満期退学。演劇的手法を用いた学習の可能性を現場の教員と共に探究する「学びの空間研究会」を主宰。演劇教育・ドラマ教育関連の業績に関して、日本演劇教育連盟より演劇教育賞、全国大学国語教育学会より優秀論文賞、日本教育方法学会より研究奨励賞を受賞。授業や模擬授業の「対話型検討会」の取り組みなど教師教育分野でも活躍。

    藤原由香里 (フジワラユカリ)
    京都府八幡市立美濃山小学校教諭。兵庫教育大学大学院学校教育研究科修了(学校教育学修士)。2016年度から2019年度の4年間、国語加配兼研究主任として「演劇的手法を活かした授業づくり」をテーマに校内研究を推進。初任時代より演劇やダンスのワークショップに参加。アートや表現を通した学びについて関心を持ち研究を行うとともに、研究会の事務局や研修会のファシリテーションを務める。

なってみる学び―演劇的手法で変わる授業と学校 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:時事通信出版局
著者名:渡辺 貴裕(編著)/藤原 由香里(編著)
発行年月日:2020/10/19
ISBN-10:4788717050
ISBN-13:9784788717053
判型:A5
発売社名:時事通信社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:教育
言語:日本語
ページ数:302ページ
縦:21cm
他の時事通信出版局の書籍を探す

    時事通信出版局 なってみる学び―演劇的手法で変わる授業と学校 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!