混声合唱とピアノのためのいのちへのオマージュ [単行本]
    • 混声合唱とピアノのためのいのちへのオマージュ [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003329261

混声合唱とピアノのためのいのちへのオマージュ [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:音楽之友社
販売開始日: 2020/09/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

混声合唱とピアノのためのいのちへのオマージュ [単行本] の 商品概要

  • 目次

    [曲目]
    地球の円環
    生命の木
    夕焼け
    ささやき
    いきる
  • 出版社からのコメント

    自然の鼓動と“生きること”への実感を描く工藤直子と和合亮一の5つの詩に三宅悠太が作曲した混声合唱とピアノのための曲集。
  • 内容紹介

    工藤直子と和合亮一の“いのち”をテーマに描いた5つの詩に三宅悠太が作曲した混声合唱とピアノのための曲集。合唱創造となみによって『砺波市の歴史・風土・景観・自然・人などをイメージさせ、子どもから大人までが一緒に合唱できる合唱曲』というコンセプトをもって委嘱され、2020年2月2日(砺波市文化会館)となみの合唱祭Ⅲ ―オーケストラアンサンブル金沢とともに(指揮:古橋富士雄/管弦楽:オーケストラアンサンブル金沢/合唱:合唱創造となみ合唱団/指導:大門康彦) にて初演された。富山県の西に位置する砺波市の美しい自然に作曲者が接した際に感じた、自然の鼓動と“生きていること”への実感。その忘れ得ぬ体験をダイナミックで親しみやすい“歌”へと昇華した。初演はオーケストラ伴奏によるものだったが、砺波市をこえて全国の合唱団に幅広く歌ってもらえることを願い、ピアノ・リダクション版を刊行する。
  • 著者について

    工藤 直子 (クドウ ナオコ)
    台湾生まれ。お茶の水女子大学中国文学科卒業。女性初のコピーライターとして活躍した後、詩人・童話作家に。『てつがくのライオン』(絵・佐野洋子)で日本児童文学者協会新人賞、『ともだちは海のにおい』でサンケイ児童出版文化賞受賞。野原の生き物や自然が躍動する詩集『のはらうた』は、子どもたちに愛され、ロングセラーとなっている。『ねこはしる』『まるごと好きです』など、多くの詩集・絵本・エッセイがある。

    和合 亮一 (ワゴウ リョウイチ)
    福島市在住。詩人。高校の国語教師。『AFTER』(思潮社)で中原中也賞受賞。『地球頭脳詩篇』(思潮社)で晩翠賞受賞。2011年3月11日、伊達市にある学校で被災。避難所で数日過ごした後、自宅からツイッターで詩を発信し続け大反響を呼ぶ。近著に、『詩の礫』(徳間書店)、『詩の邂逅』(朝日新聞出版)、『詩ノ黙礼』(新潮社)など。ツイッターは今も続けられている。

    三宅 悠太 (ミヤケ ユウタ)
    東京都出身。東京藝術大学音楽学部作曲科を卒業後、同大学院音楽研究科修士課程作曲専攻修了。2016年には第83回NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部課題曲《次元》の作曲を担当し、作家の朝井リョウ(作詞)とのコンビで注目を集めた。作品は各社より出版・配信・CDリリースされ、中学や高校の音楽科教科書にも多数掲載されている。作編曲活動の傍ら、全国各地より招聘され各種コンクール審査員や講習会講師を務めている。

混声合唱とピアノのためのいのちへのオマージュ [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:音楽之友社
著者名:工藤 直子(詩)/和合 亮一(詩)/三宅 悠太(作曲)
発行年月日:2020/10/10
ISBN-10:4276545781
ISBN-13:9784276545786
判型:規大
対象:教養
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:55ページ
縦:30cm
横:21cm
他の音楽之友社の書籍を探す

    音楽之友社 混声合唱とピアノのためのいのちへのオマージュ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!