ザ・プラスワン―マリハラがつらくて、カレを自作してみた。(小学館文庫) [文庫]
    • ザ・プラスワン―マリハラがつらくて、カレを自作してみた。(小学館文庫) [文庫]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月24日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003331835

ザ・プラスワン―マリハラがつらくて、カレを自作してみた。(小学館文庫) [文庫]

価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月24日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2020/11/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ザ・プラスワン―マリハラがつらくて、カレを自作してみた。(小学館文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    二十九歳のケリーは、シリコンバレーで働くロボット・エンジニア。コミュ下手で恋愛ダメダメな彼女は、「妹の結婚式までにプラスワン(同伴者)を見つけろ」という母親のマリハラ的ムチャぶりに辟易。仕方なくデートアプリやクラブで出会いを求めるも撃沈。思い詰めた末に週末の職場に忍び込み、自分の理想を詰め込んだアンドロイドの恋人を自作してしまう…。内向的でプライドの高いヒロインのイタすぎる描写に苦笑したり泣けたり、キュンとしたり。大人のつもりでいても大人になりきれない働くアラサー女子「あるある」満載、SFロマンス&成長物語!
  • 内容紹介

    働くアラサー女子「あるある」SF成長物語

    コミュ下手、恋愛ダメダメの29歳のケリーは、シリコンバレーで働くロボット・エンジニア。自分のキャリアがかかった新たなアンドロイド開発プロジェクトに集中したいのに、母親からの「妹の結婚式までに同伴者(プラスワン)を見つけなさい」と結婚をせかす圧力に辟易している。母のマリハラは日に日に強くなり、渋々と慣れないデートアプリに手を出したり、親友プリヤとクラブに出かけるものの、結果は惨敗。自棄になったケリーは、週末の職場に忍び込み、自分の理想を詰め込んだアンドロイドの恋人「イーサン」を自作してしまう……。
    内向的でプライドの高いヒロインのイタすぎる描写に苦笑したり、ちょっぴり泣けたり、イーサンとの関係にキュンとしたり。バリバリ働く自立した大人のつもりでいても、実は大人になりきれていないケリーに共感。働くアラサー女子「あるある」満載のSFロマンス&成長物語!

    図書館選書
    コミュ下手な29歳のロボット・エンジニアが、母親のマリハラに耐えかねて理想の恋人を自作!大人になりきれない働くアラサー女子「あるある」に苦笑しながら共感、ちょっぴり泣けるSFロマンス&成長物語!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    アーチャー,サラ(アーチャー,サラ/Archer,Sarah)
    エンタテインメント業界の脚本家として、長年コメディ作品を手がける一方で、数々の文芸誌に短編小説や詩を発表。『ハウス』『コンカッション』『ルーツ』『ガールズ・トリップ』などの映像作品に携わり、2019年に初の長編である『ザ・プラスワン―マリハラがつらくて、カレを自作してみた。』を発表し作家デビュー。現在はアメリカ・ノースカロライナ州在住

    池本 尚美(イケモト ナオミ)
    英語翻訳者。早稲田大学教育学部英語英文学科卒

ザ・プラスワン―マリハラがつらくて、カレを自作してみた。(小学館文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:サラ アーチャー(著)/池本 尚美(訳)
発行年月日:2020/11/11
ISBN-10:4094066705
ISBN-13:9784094066708
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:外国文学小説
言語:日本語
ページ数:426ページ
縦:15cm
その他: 原書名: THE PLUS ONE〈Archer,Sarah〉
他の小学館の書籍を探す

    小学館 ザ・プラスワン―マリハラがつらくて、カレを自作してみた。(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!