司法・犯罪心理学(有斐閣ブックス) [全集叢書]
    • 司法・犯罪心理学(有斐閣ブックス) [全集叢書]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年11月27日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003332628

司法・犯罪心理学(有斐閣ブックス) [全集叢書]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年11月27日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2020/10/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

司法・犯罪心理学(有斐閣ブックス) [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    なぜ人は犯罪に走るのか。司法制度は犯罪をどのように扱うのか。犯罪を起こした人への処遇はいかなるものか。犯罪について、心理学を中心に生物学・社会学・法律学・行政制度などの視点も取り入れ、基礎から最新の知見までを平易に解説。現場視点も盛り込み、新たな心理臨床領域としての「司法・犯罪」心理学の礎となる入門テキスト。
  • 目次

    第1部 司法・犯罪心理学の基礎
     第1章 司法・犯罪心理学を学部にあたって
     第2章 犯罪・非行研究の基礎理論
     第3章 犯罪行動理解のための心理学的アプローチ
     第4章 対人暴力被害が及ぼす影響
    第2部 司法制度と心理師の役割
     第5章 基本法と司法制度の概要
     第6章 捜査
     第7章 裁判
     第8章 矯正施設の処遇(施設内処遇)
     第9章 更生保護と心理学
     第10章 医療観察制度
     第11章 被害者支援
    第3部 犯罪・非行の心理臨床
     第12章 犯罪・非行の心理臨床の基礎
     第13章 犯罪者・非行少年のアセスメント
     第14章 グループ・アプローチ
     第15章 認知行動療法的アプローチ
     第16章 自助グループと治療共同体による回復
     第17章 トラウマ・インフォームド・ケア
     第18章 コミュニティへの復帰
  • 内容紹介

    司法・犯罪心理学を基礎から体系的に解説。犯罪捜査や裁判過程,矯正施設での処遇など司法現場の視点も盛り込んで,司法・犯罪臨床実践の土台を作ります。司法・犯罪分野で心理師が関わる各種制度も解説し,公認心理師必修科目「司法・犯罪心理学」に対応。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    藤岡 淳子(フジオカ ジュンコ)
    大阪大学大学院人間科学研究科教授

司法・犯罪心理学(有斐閣ブックス) [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:藤岡 淳子(編)
発行年月日:2020/10/20
ISBN-10:4641184518
ISBN-13:9784641184510
旧版ISBN:9784641183476
判型:A5
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:心理学
言語:日本語
ページ数:309ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 司法・犯罪心理学(有斐閣ブックス) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!