活きる力(小学館文庫プレジデントセレクト) [文庫]
    • 活きる力(小学館文庫プレジデントセレクト) [文庫]

    • ¥77024ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003338114

活きる力(小学館文庫プレジデントセレクト) [文庫]

価格:¥770(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2020/11/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

活きる力(小学館文庫プレジデントセレクト) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    京セラの創業者である著者が、母校の鹿児島大学に設立された「稲盛アカデミー」にて学生、大学院生、留学生に熱く語った講演を再現。第二次世界大戦の終戦から半世紀以上が経ち、物質的に恵まれた中で育った世代に向けて、戦後の焼け野原から闘争心やハングリー精神で復興を成し遂げた「活きる力」が、時代が大きく変化し、グローバル競争が加速化する現代では必要になると説く。「損か得かではなく、善悪で考えて判断する」「誰にも負けない努力をする」「謙虚にして驕らず」など、人生を切り拓く“稲盛哲学”の真髄を学びたい、すべての人に。
  • 目次

    第1章 今、君たちに伝えたいこと
    人生を決めていくのは、心の中に抱く「思い」
    「人間性や人格」「境遇や環境」は、「思い」によって形成される
    今日の豊かな文明社会は、人類の思いつきによって築かれてきた
    人間には利己と利他の心が同居する
    利他的な心を発揮するには「手入れ」が欠かせない
    強烈な願望を抱き「思い」を「信念」に変え、「胆識」にまで高める
    純粋で美しい心で一直線に思い続ければ、成功しないものはない
    京セラをグローバル企業にまで成長させることができた理由
    なぜ経験も知識もない電気通信事業という分野に参入したか
    日本航空の再建には、利他の心に基づく三つの意義があった
    京セラもKDDIも日本航空も「思い」があったからこそうまくいった
    次代を担う皆さんとの質疑応答1

    第2章 人は何のために生きるのか
    サブプライムローン問題に端を発する金融危機について
    金融危機を起こしたのは「人間の欲望」である
    採集から農耕への転換の中で
    大量生産、大量消費、大量廃棄という現在の経済システム
    近代の物質文明も滅びる可能性がある
    人類は本当に生存していけるのだろうか
    野放図な欲望をベースにした発展を続けていってよいか
    欲望を抑えるということは、人類の命題
    同居する利己の心と利他の心
    心に思った通りになる
    損か得かではなく、善悪で考えて判断する
    利己的なものが出てきたら、良心を働かせてモグラ叩きのように叩く
    思いやりの心を強く持つことの重要さに気づかなければいけない
    次代を担う皆さんとの質疑応2

    第3章 自分の道を切り拓くための六つの精進
    すばらしい実りある人生を得るために
    1 誰にも負けない努力をする
    2 謙虚にして驕らず
    3 反省のある毎日を送る
    4 生きていることに感謝する
    5 善行、利他行を積む
    6 感性的な悩みをしない

    第4章 仕事には哲学を持ち込め
    人生というのはその人がどういう考え方をするのかによって決まる
    考え方を変えるまで不運の連続だった私の人生
    研究に打ち込むようになると、人生がどんどんよい方向に進みだした
    知識も経験もなかった私が心の座標軸に定めたもの
    第二電電(現KDDI)が成功したたった一つの理由
    筋を通す、つまり原理原則を貫くことに徹する
    最後に残るのは世のため人のために尽くしたもの
    人生の方程式について
    どんな思想を持とうと、その結末は自分で摘み取らなければならない
    次代を担う皆さんとの質疑応答3

    第5章 20代で知っておくべき経営の12ヵ条
    会社を経営するとき、1人の社会人として働くときに必要な原理原則
    1 事業の目的、意義を明確にする
    2 具体的な目標を立てる
    3 強烈な願望を心に抱く
    4 誰にも負けない努力をする
    5 売上を最大限に伸ばし、経費を最小限に抑える
    6 値決めは経営
    7 経営は強い意志で決まる
    8 燃える闘魂
    9 勇気をもって事に当たる
    10 常に創造的な仕事をする
    11 思いやりの心で誠実に
    12 常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で

    第6章 稲盛フィロソフィの力(鹿児島大学稲盛アカデミーより)
    「稲盛研究」の4氏によるパネルディスカッションをここに再現
    高巌教授:なぜ稲盛哲学は社会を動かせるのか
    三矢裕教授:管理会計学から見るアメーバ経営の真髄
    青山敦教授:稲盛経営哲学研究センターとは?
    4人の教授、それぞれが考える「利他の心」
  • 内容紹介

    稲盛和夫の熱中教室ライブ!

    京セラの創業者である著者が、母校の鹿児島大学に設立された「稲盛アカデミー」にて学生、大学院生、留学生たちに熱く語った講演を再現。

    第二次世界大戦の終戦から75年が経ち、物質的に恵まれた中で育った世代に向けて、戦後の焼け野原から闘争心やハングリー精神で復興を成し遂げた「活きる力」が、時代が大きく変化し、グローバル競争が加速化する時代では必要になると説く。

    「損か得かではなく、善悪で考えて行動する」
    「誰にも負けない努力をする」
    「謙虚にして驕らず」
    「善行、利他行を積む」
    「勇気をもって事にあたる」
    など、人生を切り拓く「稲盛哲学」の真髄を学びたい、すべての人に。

    【編集担当からのおすすめ情報】
    京セラやKDDIを設立し、2010年には日本航空の会長に就任し再建に携わった著者が、母校・鹿児島大学で学生たちに熱く語った講演を再現しました。
    「現代の日本社会が、闘争心を育むのが難しい状況にあるのなら、若者は自らハングリー精神を発揮せざるを得ない環境を求めなければならない。恵まれた日常に決別し、自ら困難を求める行動が必要です」と、これからの時代に生きる若者に、著者は熱く語りかけます。
    「人は何のために生きるのか」。稲盛フィロソフィを学ぶのにふさわしい一冊です。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    稲盛 和夫(イナモリ カズオ)
    1932年、鹿児島市に生まれる。55年、鹿児島大学工学部を卒業後、京都の碍子メーカーである松風工業に就職。59年、資本金300万円で京都セラミック(現・京セラ)を設立し、社長、会長を経て、97年より名誉会長。また、84年に第二電電企画(現・KDDI)を設立、2010年には日本航空の会長に就任し再建に携わる

活きる力(小学館文庫プレジデントセレクト) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:稲盛 和夫(著)
発行年月日:2020/11/11
ISBN-10:4094700250
ISBN-13:9784094700251
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:経営
言語:日本語
ページ数:243ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 活きる力(小学館文庫プレジデントセレクト) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!