日本型開発協力の形成―政策史1・1980年代まで(シリーズ「日本の開発協力史を問いなおす」〈1〉) [全集叢書]
    • 日本型開発協力の形成―政策史1・1980年代まで(シリーズ「日本の開発協力史を問いなおす」〈1〉) [全集叢書]

    • ¥3,740113ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003339364

日本型開発協力の形成―政策史1・1980年代まで(シリーズ「日本の開発協力史を問いなおす」〈1〉) [全集叢書]

価格:¥3,740(税込)
ポイント:113ポイント(3%還元)(¥113相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東京大学
販売開始日: 2020/12/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本型開発協力の形成―政策史1・1980年代まで(シリーズ「日本の開発協力史を問いなおす」〈1〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    敗戦後の対アジア関係と日米関係の交錯、「日本型」協力のイメージと実像…いま、いくつかの「謎解き」から鮮やかに読みなおす通史。“いまだ語られざる”アジア・世界の中の日本近現代のあゆみ。
  • 目次

    はじめに 焼け跡の日本で,なぜ「経済協力」だったのか

    序 章 開発協力政策の歴史を考える視座
      第1節 本書のミッションと分析枠組
      第2節 外交・対外政策決定過程の理論・モデル
      第3節 何がどのように動因として働くのか
      第4節 本書の分析枠組


    第1部 被援助国から援助国へ

    第1章 廃墟からの復活と開発協力の黎明
         ――賠償協定調印とコロンボ・プラン加盟まで 1945-1954年
      第1節 焼け跡の日本でなぜ「経済協力」が重点政策テーマだったのか
      第2節 なぜ民間主導だったのか
      第3節 財源追求努力から「経済協力と戦後賠償の一体化」へ
      第4節 「経済協力と戦後賠償の一体化」の過程
      第5節 コロンボ・プラン加盟の意義と政策的背景

    第2章 援助国への道――高度成長の開始からOECD加盟まで 1955-1964年
      第1節 時代の背景
      第2節 岸外交と「アジア経済開発基金」構想
      第3節 「国民所得倍増計画」と開発協力の積極化
      第4節 量的拡大の開始
      第5節 戦後賠償が担った役割
      第6節 四省庁体制の登場と変容
      第7節 まとめ


    第2部 援助大国への道

    第3章 国際環境の変容と国際協力の急速な拡大――1965-1979年
      第1節 時代の背景(1)
      第2節 時代の背景(2)
      第3節 青年海外協力隊
      第4節 日本型「南南協力」の登場とその意味
      第5節 対韓国円借款の開始
      第6節 「黒い霧」第1号の洗礼
      第7節 ODAの急拡大と「脱ひも付き」の潮流
      第8節 まとめ 「顧客志向型」開発協力の誕生

    第4章 東南アジアの「反日」と開発協力政策の変容
         ――「反日暴動」「福田ドクトリン」から「ASEAN対日市場開放包括要求」まで
      第1節 東南アジアの「反日」をめぐる2つの「謎」
      第2節 「反日」の構造と衝撃
      第3節 「福田ドクトリン」の意義と限界
      第4節 「市場開放包括要求」に応えた「日本型開発協力モデル」の誕生
      第5節 対日批判の急速な後退
      第6節 まとめ

    第5章 日米経済摩擦の衝撃と開発協力政策の変容
      第1節 1980年代の米国のマクロ不均衡
      第2節 米国は何を求め日本はどのように対応したのか
      第3節 日本の摩擦緩和行動は開発協力政策をどのように変容させたのか
      第4節 外圧下の政策決定過程を考察する
      第5節 まとめ 政策選択の長期的バランスシート


    第3部 「21世紀的なドナー」を求めて

    第6章 「もう一つのアプローチ」の形成
      第1節 本章の狙い
      第2節 「武器輸出なきトップドナー」
      第3節 「自助努力重視」をめぐる謎
      第4節 「三位一体型」モデルによる経済自立の追求
      第5節 「顧客志向型」開発協力の誕生
      第6節 「控えめなドナー」を生んだ「深い反省」
      第7節 まとめ

    終 章 単眼から複眼へ――なぜ「もう一つのアプローチ」なのか


    Policy History I:
    Evolution of the Japanese Model of Development Cooperation, 1945-89
    [Reconsidering the History of Japan's Development Cooperation, Vol.1]
    Yasutami SHIMOMURA
  • 内容紹介

    敗戦,賠償,その間に急変する国際情勢…….日本のアジアに対する国際協力は戦後かなり早くから着手され,しばらく唯一の積極的な国際秩序参画の方法であった.初めての本格的な政策史の通史である本巻では,その黎明から1980年代の拡大期までを,いくつかの謎から読み解いてゆく.
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    下村 恭民(シモムラ ヤスタミ)
    法政大学名誉教授。1940年生まれ。コロンビア大学MBA。海外経済協力基金(現・国際協力機構)、国際協力銀行監事、埼玉大学教授、法政大学教授を歴任
  • 著者について

    下村 恭民 (シモムラ ヤスタミ)
    法政大学名誉教授

日本型開発協力の形成―政策史1・1980年代まで(シリーズ「日本の開発協力史を問いなおす」〈1〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:東京大学出版会
著者名:下村 恭民(著)
発行年月日:2020/12/01
ISBN-10:4130342207
ISBN-13:9784130342209
判型:A5
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:247ページ
縦:22cm
他の東京大学の書籍を探す

    東京大学 日本型開発協力の形成―政策史1・1980年代まで(シリーズ「日本の開発協力史を問いなおす」〈1〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!