音楽と真のリーダーシップ―カーネギーホール総監督兼芸術監督は語る [単行本]
    • 音楽と真のリーダーシップ―カーネギーホール総監督兼芸術監督は語る [単行本]

    • ¥2,42073ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
音楽と真のリーダーシップ―カーネギーホール総監督兼芸術監督は語る [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003339972

音楽と真のリーダーシップ―カーネギーホール総監督兼芸術監督は語る [単行本]

価格:¥2,420(税込)
ポイント:73ポイント(3%還元)(¥73相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日: 2020/11/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

音楽と真のリーダーシップ―カーネギーホール総監督兼芸術監督は語る の 商品概要

  • 目次

    序 達成への始まり

    第1部 問いと学び

    第2部 然るべき進化
     
    第3部 創造力
     
    第4部 目を外に向ける

    第5部 予算と資金調達

    第6部 コミュニケーションとメディア
     
    第7部 目を内に向ける
  • 内容紹介

    クリエイティビティを阻害せずにベクトルを合わせる!
    異能集団をまとめ収益と社会性を両立させてきたリーダーに学ぶ組織運営の真髄

     「リーダーシップとは、答えを与えることではなく、その答えを導き出すための問いを考えることだ」
     「お金がなければ文化も社会貢献もない!」
     「チェリストとしての自分は、オーケストラのなかで日々同じことの繰り返しだった。しかしビジネスは今日と明日で状況が変わり、違うことをしなければならない。なんとクリエイティブな世界だ! と申し上げたい」

     本書は、我が儘なアーチストたちで構成される世界的な芸術・文化的組織を率い、市民の支持を得ると同時に収益も上げてきたリーダーが、その実践するマネジメント哲学、リーダーシップのあり方を幅広く語るもの。カーネギーホールのエグゼクティブ・ディレクター兼芸術担当として組織の運営に携わるクライブ・ギリンソンに、Arch Street Pressの編集主幹ロバート・リムがインタビューをする形式でまとめ上げていく。

     ここで語られる内容は、決して文化の話でもなければ、クラシック音楽の話でもない。組織運営を考える時、またリーダーシップを考える上で、非常に大きな示唆に飛んだものになっている。アメリカでは、ビジネスのクラスのテキストとして採用されている大学が複数ある。個々のクリエイティビティを殺すことなくいかに全体を一つの方向にまとめ上げるか? よき企業市民としての組織、つまり社会から支持される組織のあり方とは? など多くの企業が直面する課題に論及しており、マネジメントにとって大いに参考になる内容が満載である。

     ギリンソン氏はスポンサーシップを通して日本を代表するアーチスト(演奏家)や日本の経営者とも親交があり、彼のフランクで真摯な人柄から、友人としての付き合いが続いている人も多い。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    リム,ロバート(リム,ロバート/Rimm,Robert)
    Arch Street Press編集主幹・発行人。ペンシルバニア大学卒業後、米欧露の非営利団体、アートと教育の共同体のコミュニケーション・サービス媒体として88keys.comというWEBサービスを立ち上げる。2010年、非営利出版のArch Street Pressの編集主幹・発行人に就任

    ギリンソン,クライヴ(ギリンソン,クライヴ/Gillinson,Clive)
    カーネギーホール総監督兼芸術監督。ロンドン大学で数学を専攻。その後、王立音楽アカデミーに進み、1970年にロンドン交響楽団に参加。76年、同楽団の取締役兼ファイナンス担当。84年、マネジングディレクター。2005年にカーネギーホールへ。オーケストラ経営者として初めて叙勲(CBE及びナイト爵位)、オックスフォードほか数々の大学や文化研究所の名誉研究員、客員研究員も務める。その経営的手腕は、ダボス会議への招聘など、広く経済界でも評価されている

    平野 佳(ヒラノ ケイ)
    クリエイティブコーディネーター。商社で海外提携、ブランディング等に従事後、2006年よりニューヨークに拠点を移し、カーネギーホールのコンサルタント&アドバイザー、ニューヨークの複数の美術館との取り組みなど、文化、アート領域にも活動範囲を広げた。現在、株式会社リビング・マーケティング代表取締役社長として、イタリアブランドALESS等を扱う
  • 著者について

    ロバート・リム (ロバート リム)
    Arch Street Press編集主幹・発行人
    ペンシルバニア大学卒業後、米欧露の非営利団体、アートと教育の共同体のコミュニケーション・サービス媒体として88keys.comというWEBサービスを立ち上げる。2010年、非営利出Arch Street Pressの編集主幹・発行人就任

    クライヴ・ギリンソン (クライヴ ギリンソン)
    チェリスト。カーネギーホール エグゼクティブ・ディレクター兼芸術担当
    ロンドン大学で数学を専攻。その後、王立音楽アカデミーに進み、1970年にロンドン交響楽団に参加。76年、同楽団の取締役兼ファイナンス担当。84年、マネジングディレクター。2005年にカーネギーホールへ。オーケストラ経営者として初めて叙勲(CBE及びナイト爵位)、オックスフォードほか数々の大学や文化研究所の名誉研究員、客員研究員も務める。その経営的手腕は、ダボス会議への招聘など、広く経済界でも評価されている。

    平野 佳 (ヒラノ ケイ)
    クリエイティブコーディネーター
    大手商社に25年間勤務し、知的所有権、海外提携、ライセンス、関連ブランディングと商品開発を担当。2006年、ニューヨークに拠点を移し、クリエイティブコーディネーターとして独立。カーネギーホールのコンサルタント&アドバイザー、ロンドン交響楽団広報、美術館支援などを行う。16年、(株)フジイの海外・新規事業開発部門ヘッド就任。キャサリン妃御用達の「Orla Kiely」のブランド責任者も務める。

音楽と真のリーダーシップ―カーネギーホール総監督兼芸術監督は語る の商品スペック

商品仕様
出版社名:日経BP/日本経済新聞出版本部
著者名:ロバート リム(著)/クライヴ ギリンソン(著)/平野 佳(訳)
発行年月日:2020/11/24
ISBN-10:4532323703
ISBN-13:9784532323707
判型:B6
発売社名:日経BPマーケティング
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:411ページ
縦:19cm
その他: 原書名: Better to Speak of It:Fostering Relationships&Results through Creativity〈Rimm,Robert;Gillinson,Clive〉
他の日本経済新聞社の書籍を探す

    日本経済新聞社 音楽と真のリーダーシップ―カーネギーホール総監督兼芸術監督は語る [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!