文章の問題地図―「で、どこから変える?」伝わらない、時間ばかりかかる書き方 [単行本]
    • 文章の問題地図―「で、どこから変える?」伝わらない、時間ばかりかかる書き方 [単行本]

    • ¥1,62849ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年12月1日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003341481

文章の問題地図―「で、どこから変える?」伝わらない、時間ばかりかかる書き方 [単行本]

価格:¥1,628(税込)
ポイント:49ポイント(3%還元)(¥49相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年12月1日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日: 2020/12/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

文章の問題地図―「で、どこから変える?」伝わらない、時間ばかりかかる書き方 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    立派な文章を目指す必要はない。「素材」に目を向ければ、すぐに書けてしまう。
  • 目次

    ■■はじめに 文章は書けなくてあたりまえ
    ■発見① 立派な文章を目指す必要はない
    ■発見② 「素材」に目を向ければ、すぐに書けてしまう
    ■もっと肩の力を抜いて、文章とつきあおう



    ■■1丁目 とにかく時間がかかる
    ■「書きながら考える」「最初から完璧をめざす」から時間がかかる
    ■まずは素材を整理する
    ■後で推敲するつもりで、まずは「粗々で書く」
    ■感謝の気持ちが出てくる4つの言葉を使う
    ■敬語に関わる5つの文章に気をつける
    ■フォーマットを作っておく



    ■■2丁目 書くことがない
    ■その場でメモを取っていないから、書けない
    ■カリキュラム、ストーリー、出来事をメモしていく
    ■「感想」となる4つのこと
    ■日報の「素材」となる7つのこと



    ■■3丁目 構成がうまくできない
    ■「こうあるべき」に合わせようとする、ぼんやり頭の中にあるだけ、ではうまくいかない
    ■「素材」を箇条書きにして、矢印をつけて「こうでこうでこう」を考える
    ■書き出しで意識したい4つの反応
    ■書き出しを考えるときに意識したい「相場観」
    ■コラム 「素材」を自分の中から引き出す方法



    ■■4丁目 長さにひるむ
    ■「素材」が足りないから、ひるんでしまう
    ■ヒアリングで「素材」を引き出す4つのコツ
    ■五感をフル活用してしっかりメモしておく
    ■500字単位に分割して考える
    ■長文の構成の基本フォーム「共感」「異論」「異論の理由」「新たな発見」「結論」



    ■■5丁目 手戻りが多い
    ■発注者のイメージとのズレ、凡ミスで手戻りが起きてしまう
    ■まずは「真の目的」「読み手」をしっかり確認する
    ■アウトプットのイメージを共有する
    ■発注者に「これは合格」サンプルを見せてもらう
    ■絶対に避けなければいけない凡ミス7



    ■■6丁目 読みづらい
    ■漢字や専門用語が多い、1文が長い、表現する言葉が多いと読みづらい
    ■日常会話レベルの言葉を意識する
    ■60文字くらいを目安に文を分ける
    ■小説家のような表現や、メディアで使われているような慣用句を使わない
    ■「、」は、読み手になったつもりで60文字に1つか2つは入れることを目安に
    ■行替えして「見た目」をすっきりと
    ■最初に結論をしっかり言ってしまう
    ■冗長な文章の原因「また」「さらに」を使わない
    ■いっそ、箇条書きにしてもかまわない
    ■コラム だれかの文章に学ぶ



    ■■7丁目 伝わらない、刺さらない
    ■表現する言葉、面白さへのこだわり、平凡さが、伝わりにくさの原因
    ■読み手が追体験できる「素材」を用意する
    ■「面白い」を「目的と読み手」で設計する
    ■「自分にふさわしい内容」を意識する
    ■そこでしか書けない具体的な1文を添える
    ■商談の場で聞いた話を「素材」にする
    ■コラム 形容詞を使おうとするから悩む、書くのが嫌になる



    ■■8丁目 言葉づかいがひどいと言われる
    ■「文章の怖さ」がわかっていない、余裕がないと、言葉づかいが悪くなる
    ■「ありがとう」から入る、必ず敬語にする
    ■余計な感情を載せない
    ■提出前に「寝かせて」読み返す
    ■コラム  まずは「読む」トレーニングから



    ■■おわりに 大事なことは書く前にある
  • 内容紹介

    累計25万部突破の問題地図シリーズ最新作!

    「スラスラ書けない、時間がかかってしょうがない」
    「何を書いていいかわからない」
    「支離滅裂だと叱られる」
    「長い文章が恐怖でしかない」
    「書き直しを何度も命じられて、いつまでも終わらない」
    「読みづらいといわれる」
    「うまく伝わらない、おもしろがってもらえない」
    「Slackのやりとりで嫌われた」

    つらい、苦手な書くことにまつわるアレコレ、どうやって変えていけばいいか?

    3000人を超える人たちに取材をして記事を書き、40冊以上の著書を出し、80冊以上のブックライティングに携わり、10年間毎月1冊ずつ本を作ってきた著者が、「書くことが好きじゃなくてもうまくいく」文章との向き合い方を教えます。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    上阪 徹(ウエサカ トオル)
    1966年、兵庫県生まれ。早稲田大学商学部卒。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年にフリーランスとして独立。経営、金融、ベンチャー、就職などをテーマに雑誌や書籍、webメディアなどで幅広く執筆やインタビューを手がける
  • 著者について

    上阪徹 (ウエサカトオル)
    上阪徹(うえさか とおる)1966年、兵庫県生まれ。早稲田大学商学部卒。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年にフリーランスとして独立。経営、金融、ベンチャー、就職などをテーマに雑誌や書籍、webメディアなどで幅広く執筆やインタビューを手がける。これまでの取材人数は3000人を超える。携わった書籍の累計部数は200万部を超える。著書に、『10倍速く書ける 超スピード文章術』(ダイヤモンド社)、『書いて生きていく プロ文章論』(ミシマ社)、『これなら書ける 大人の文章講座』(筑摩書房)、『メモ活』(学研)、『サイバーエージェント 突き抜けたリーダーが育つしくみ』(日本能率協会マネジメントセンター)、『JALの心づかい』(河出書房新社)、『あの明治大学が、なぜ女子高生が選ぶNo.1大学になったのか?』(東洋経済新報社)、『社長の「まわり」の仕事術』(インプレス)など多数。インタビュー集に、累計40万部を超えるベストセラーとなった『プロ論。』シリーズ、『外資系トップの仕事力』シリーズなどがある。インタビューで書き上げるブックライター作品も80冊以上を数える。

文章の問題地図―「で、どこから変える?」伝わらない、時間ばかりかかる書き方 の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:上阪 徹(著)
発行年月日:2020/12/19
ISBN-10:4297117223
ISBN-13:9784297117221
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:168ページ
縦:19cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 文章の問題地図―「で、どこから変える?」伝わらない、時間ばかりかかる書き方 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!