昭和プロレスを語ろう!(廣済堂新書) [新書]
    • 昭和プロレスを語ろう!(廣済堂新書) [新書]

    • ¥99030ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003342207

昭和プロレスを語ろう!(廣済堂新書) [新書]

価格:¥990(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:廣済堂出版
販売開始日: 2020/11/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

昭和プロレスを語ろう!(廣済堂新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    昭和プロレスの生みの親、力道山。その力道山の急逝で昭和プロレスの遺伝子はジャイアント馬場・アントニオ猪木へと受け継がれ、人気は絶頂を迎えるが、団体分裂の中で両雄は対立と挑発を繰り返す。さらには藤波・長州、鶴田・天龍が次の時代を作るべく入り乱れ、タイガーマスクの登場によって終焉に向かう昭和プロレス。あの時代の熱気と舞台裏を、国際プロレスの輝き、ブラッシー、エリック、ブッチャー、シンなど名ヒールも含めて語り尽くした、ファン必読の書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 昭和プロレスと力道山
    第1章 馬場と猪木―もし二人が闘っていたら…
    第2章 馬場と猪木―対立と挑発の果てに
    第3章 馬場・猪木の次は誰だ?―藤波・長州、鶴田・天龍の時代
    第4章 国際プロレスを語ろう!―第三極の不思議な魅力
    第5章 ヒールで語る昭和プロレス―“最恐”は誰だ?
    終章 タイガーマスクと昭和プロレスの終焉―昭和プロレスが教えてくれたこと
  • 内容紹介

    元・週刊ゴングの名編集長・小佐野氏とプロレスファンとしても知られる二宮氏がジャイアント馬場・アントニ
    オ猪木から、藤波、長州、鶴田、天龍、タイガーマスクまで、人々を熱狂させた昭和プロレスを数々の名レス
    ラー、名勝負を語りながら懐かしみ、さらにはその本質論、タイガージェットシンなどのヒール論にも迫る。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小佐野 景浩(オサノ カゲヒロ)
    1961年、横浜市生まれ。高校生の時に新日本プロセスの私設ファンクラブ「炎のファイター」を設立し、中央大学入学とともに日本スポーツ出版社の「月刊ゴング」編集部でアルバイト。83年に大学を中退して同社入社。「週刊ゴング」で全日本プロレス、ジャパン・プロレス、FMW、SWS、WARなどの担当記者を歴任。94年に「週刊ゴング」編集長に就任し、編集企画室長、執行役員を経て04年からフリーランスとして雑誌・新聞・テレビ等で活躍

    二宮 清純(ニノミヤ セイジュン)
    1960年愛媛県生まれ。フリーランスのスポーツジャーナリスト。現在、株式会社スポーツコミュニケーションズ代表取締役。広島大学特別招聘教授

昭和プロレスを語ろう!(廣済堂新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:廣済堂出版
著者名:小佐野 景浩(著)/二宮 清純(著)
発行年月日:2020/12/09
ISBN-10:4331523160
ISBN-13:9784331523162
判型:新書
発売社名:廣済堂出版
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:223ページ
縦:18cm
他の廣済堂出版の書籍を探す

    廣済堂出版 昭和プロレスを語ろう!(廣済堂新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!