若殿八方破れ〈3〉姫路の恨み木綿(小学館時代小説文庫) [文庫]
    • 若殿八方破れ〈3〉姫路の恨み木綿(小学館時代小説文庫) [文庫]

    • ¥79224ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月27日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003347958

若殿八方破れ〈3〉姫路の恨み木綿(小学館時代小説文庫) [文庫]

価格:¥792(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月27日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2020/12/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

若殿八方破れ〈3〉姫路の恨み木綿(小学館時代小説文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    仇敵・似鳥幹之丞を追い、西を目指す名門真田家の若さま俊介とその仲間たち。姫路城下へ入った一行は、旅籠の女中から、このところ木綿問屋が立て続けに押し込まれた、と耳にする。その夜、旅籠の隣にある木綿問屋・都倉屋に不穏な動きが。いち早く気づいた俊介が駆けつけたが、押し込み犯は、あっという間に遁走する。この一件をきっかけに木綿の専売制を敷いて姫路酒井家を立て直した筆頭家老・河合道臣の知己を得た俊介一行は、城下に蠢く大陰謀に巻き込まれていく。それは明石宿で俊介がなした人助けと思わぬ糸で繋がっていた。白熱の若殿シリーズ第3弾!
  • 目次

    第一章 矢文立つ

    第二章 若殿用心棒

    第三章 隠居の脇差

    第四章 哀れ牢奉
  • 内容紹介

    人を助けずんば人にあらず!いよっ、若殿!

    忠臣の仇を討つため、筑後久留米を目指す信州真田家の跡継ぎ・真田俊介。同行するは、守り役の爺こと海原伝兵衛と天才剣士・皆川仁八郎。そして、病に倒れた母の薬を求めて長崎を目指す女児おきみの3人。

    明石宿を出て、西国街道を進む仇討ち旅一行は、播磨原の茶店で狼藉を働いていたやくざ者を追い払ったところ、野次馬に混じっていた百姓から「かどわかされた村名主を取り戻してほしい」と頭を下げられる。

    先を急ぐ旅ではあるが、見捨てるような俊介ではない。見事村名主を救い出し、一行はいよいよ姫路へ。そこには、日の本にその名を知られた傑物、酒井家筆頭家老・河合道臣がいた。特産の木綿の専売を幕府に認めさせ、73万両ともいわれた藩の借財を返済してみせた人物だ。

    城下の旅籠に投宿した俊介は、女中から、このところ立て続けに3軒の木綿問屋が押し込みに遭ったと聞かされる。旅籠の隣は木綿問屋の都倉屋。案の定、その夜、隣家に不穏な動きを察知した俊介と仁八郎は押っ取り刀で駆け付けたが、押し込みを取り逃がしてしまう。

    だが、これが縁で河合道臣の知己を得た俊介一行は、木綿専売に絡む酒井家の大陰謀に巻き込まれて......。

    【編集担当からのおすすめ情報】
    絶好調! 御法度の仇討ち物語、シリーズ第3弾!

    図書館選書
    真田俊介の仇討ち旅は、いよいよ姫路に!酒井家の筆頭家老・河合道臣が敷いた木綿専売制が功を奏し活気に溢れる城下。そんな中で起きた木綿問屋への押し込みは俊介がなした人助けと、思いもよらぬ糸で繋がっていた!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    鈴木 英治(スズキ エイジ)
    1960年静岡県生まれ。1999年、『駿府に吹く風』(刊行に際して『義元謀殺』に改題)で第一回角川春樹小説賞特別賞受賞

若殿八方破れ〈3〉姫路の恨み木綿(小学館時代小説文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:鈴木 英治(著)
発行年月日:2020/12/13
ISBN-10:4094068538
ISBN-13:9784094068535
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:336ページ
縦:15cm
その他:姫路の恨み木綿
他の小学館の書籍を探す

    小学館 若殿八方破れ〈3〉姫路の恨み木綿(小学館時代小説文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!