「メカニクス」の科学論 [単行本]
    • 「メカニクス」の科学論 [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003349741

「メカニクス」の科学論 [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:青土社
販売開始日: 2020/12/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

「メカニクス」の科学論 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    いま科学は、ヨーロッパの伝統学問が軽蔑していた技術界を取り込むことで学問世界での下克上を果たしつつある。その仕掛けこそガリレオらの機械と数学の「メカニクス」であったのだ。19世紀末以降の「制度としての科学」からの普遍主義による科学論と一線を画し、メカニクスと西洋学問の分離が引き起こす科学の変貌とは何かを追究する、碩学による新しい「科学」論。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    二〇世紀科学の特異性―未来科学の三つの架空図
    「メカニクス=力学」の誤解―メカニカルは差別用語だった
    メカニクスの下克上―“働く学問”へ
    学問ではなくメカニクスを導入―和魂洋才
    科学のイメージとメカニクス人材―日本での科学マスコミの変容
    認識と推測のメカニクス―hのない量子力学
    学問名とメカニクス―学問名から制度・組織名へ
    近代科学発祥とメカニクス―家畜化される自然
    好奇心の解放とメカニクス―フランシス・ベーコンの科学
    正しさをメカニクスへ―人格教育と科学
    多様な価値観とメカニクスの中立性―“決められない”科学と反知性主義
    機械に奪われる―メカニクスの残余としての心
    メカニクス専門主義の野蛮性―西洋学問からの逸脱
  • 出版社からのコメント

    「メカニクス」とは何か。科学史をひもとき、歴史的変遷をふまえつつ、その謎に迫るとき、人類史の未来のありかたが見えてくる。
  • 内容紹介

    科学の未来を考えるキーワード、それは「メカニクス」だ
    近代以降、メカニクスは社会の中心に座って、社会変動の原動力になった。自然と科学が対峙し、おそるべき自然の力をすこしずつ人類が克服することができた背景に「メカニクス」があったのだ。ではいったい「メカニクス」とは何か。科学史をひもときながら、語源や歴史的変遷をふまえつつ、その謎にせまるとき、人類史の未来のありかたが見えてくる。物理学の碩学が、大きな視座で考える科学の本質と全貌。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    佐藤 文隆(サトウ フミタカ)
    1938年山形県鮎貝村(現白鷹町)生まれ。60年京都大理学部卒。京都大学基礎物理学研究所長、京都大学理学部長、日本物理学会会長、日本学術会議会員、湯川記念財団理事長などを歴任。1973年にブラックホールの解明につながるアインシュタイン方程式におけるトミマツ・サトウ解を発見し、仁科記念賞受賞。1999年に紫綬褒章、2013年に瑞宝中綬章を受けた。京都大学名誉教授

「メカニクス」の科学論 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:青土社
著者名:佐藤 文隆(著)
発行年月日:2020/12/30
ISBN-10:4791773322
ISBN-13:9784791773329
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:自然科学総記
言語:日本語
ページ数:249ページ
縦:19cm
他の青土社の書籍を探す

    青土社 「メカニクス」の科学論 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!