絵で見てわかるブロックチェーンの仕組み [単行本]
    • 絵で見てわかるブロックチェーンの仕組み [単行本]

    • ¥2,83886ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月21日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003350750

絵で見てわかるブロックチェーンの仕組み [単行本]

価格:¥2,838(税込)
ポイント:86ポイント(3%還元)(¥86相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月21日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:翔泳社
販売開始日: 2020/12/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

絵で見てわかるブロックチェーンの仕組み [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ビットコインやイーサリアムなど、仮想通貨(暗号資産)の基盤として注目が集まるブロックチェーンですが、分散台帳システムとして、契約や取引など「価値のある情報」を、「信頼性が高い」形で共有するための情報基盤としての利用も進められています。本書は、ブロックチェーンを専門としないネットワークやアプリケーション領域のエンジニアに向け、ネットワーク構造、データの内部構造、信頼性の担保といった多角的な側面から「ブロックチェーンとは何か」「ブロックチェーンはどのように動くのか」「ブロックチェーンはどのように利用されるのか」など、ブロックチェーンを幅広く、技術的な観点で解説する一冊です。
  • 目次

    第1章 ブロックチェーンの概要
    1.1 ブロックチェーンのはじめ
    1.2 仮想通貨とブロックチェーン
    1.3 仮想通貨をめぐる事件
    1.4 第1章のまとめ

    第2章 P2Pネットワーク
    2.1 クライアント・サーバー方式
    2.2 P2Pネットワークとは?
    2.3 ブロックチェーンでP2Pが利用される理由
    2.4 P2Pネットワークの接続

    第3章 パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーン
    3.1 パブリックブロックチェーン
    3.2 プライベートブロックチェーン
    3.3 第3章のまとめ

    第4章 ブロックチェーンに記録されるデータ
    4.1 分散台帳とは?
    4.2 トランザクション
    4.3 ブロック

    第5章 暗号化――暗号とハッシュ
    5.1 暗号化とは?
    5.2 さまざまな暗号アルゴリズム
    5.3 ハッシュと署名
    5.4 ビットコインにおける暗号化と署名

    第6章 合意形成
    6.1 合意形成とは?
    6.2 PoW
    6.3 PoS
    6.4 PoI
    6.5 ビザンチン将軍問題とPBFT

    第7章 スマートコントラクト
    7.1 スマートコントラクトとは?
    7.2 ビットコインのスクリプト
    7.3 イーサリアムのスマートコントラクト

    第8章 ジェネシスブロック
    8.1 ビットコインのジェネシスブロック
    8.2 イーサリアムのジェネシスブロック

    第9章 APIとCLI
    9.1 エンドポイントとJSON-RPC
    9.2 ビットコインのAPI
    9.3 イーサリアムのAPI
    9.4 イーサリアムのスマートコントラクト

    第10章 Hyperledgerプロジェクト
    10.1 Hyperledger Project
    10.2 Hyperledger Fabric
    10.3 Hyperledger Iroha

    第11章 ブロックチェーンの未来
    11.1 インターネットの発展との比較
    11.2 インターレジャー
    11.3 Trusted Internet
    11.4 CosmosとPolkadot
    11.5 中央銀行デジタル通貨(CBDC)

  • 内容紹介

    仮想通貨や契約管理を実現する仕組みを
    豊富なイラストで解説!

    ビットコインやイーサリアムなど、仮想通貨(暗号資産)の基盤として
    注目が集まるブロックチェーンですが、分散台帳システムとして、
    契約や取引など「価値のある情報」を、「信頼性が高い」形で共有するための
    情報基盤としての利用も進められています。

    本書は、ブロックチェーンを専門としない
    ネットワークやアプリケーション領域のエンジニアに向け、

    ・ネットワーク構造:P2Pネットワーク
    ・データの内部構造:トランザクション、ブロックなど
    ・信頼性の担保:暗号技術、合意形成アルゴリズムなど

    といった多角的な側面から、
    「ブロックチェーンとは何か」
    「ブロックチェーンはどのように動くのか」
    「ブロックチェーンはどのように利用されるのか」
    など、ブロックチェーンを幅広く、技術的な観点で解説する一冊です。

  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    米津 武至(ヨネズ タケシ)
    創価大学法学部卒業、日本オリベッティ株式会社(現NTTデータジェトロニクス株式会社)で、自社の日本語UNIX開発を担当し、リアルタイムカーネル、ドライバー、コマンドなどの開発およびマネージメントに従事。その後、初のSWIFT認定技術者としても活動し、SWIFTネット、日銀ネット、AMLなど金融機関向け決済システムの基盤を担当。現在はソラミツ株式会社でブロックチェーンアーキテクトとして、主にHyperledger Irohaのワークショップ、および技術的なコンサルタントとサポートを行っている

絵で見てわかるブロックチェーンの仕組み [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:米津 武至(著)
発行年月日:2020/12/21
ISBN-10:4798158860
ISBN-13:9784798158860
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:241ページ
縦:21cm
他の翔泳社の書籍を探す

    翔泳社 絵で見てわかるブロックチェーンの仕組み [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!