自身を守り家族を守る医療リテラシー読本―もう惑わされない!医療情報のウソを見抜く力がつく本 [単行本]
    • 自身を守り家族を守る医療リテラシー読本―もう惑わされない!医療情報のウソを見抜く力がつく本 [単行本]

    • ¥1,73853ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月29日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003350752

自身を守り家族を守る医療リテラシー読本―もう惑わされない!医療情報のウソを見抜く力がつく本 [単行本]

価格:¥1,738(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月29日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:翔泳社
販売開始日: 2020/12/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

自身を守り家族を守る医療リテラシー読本―もう惑わされない!医療情報のウソを見抜く力がつく本 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「信頼できる医療情報」があなたの主治医になる!インターネットやSNS、テレビ、新聞の情報は玉石混淆…。正しい知識を得るのが難しい時代にこそ必要な情報の活用力。
  • 目次

    序章 医療リテラシーを身につけたい理由
    01|そもそも医療リテラシーとは何か
    02|なぜ今、医療リテラシーなのか
    03|「医療リテラシー」のメリット
    04|「病院受診の仕方」や「薬への考え方」も「医療リテラシー」の一つ

    第1章 どうして医療情報は、わかりにくいのか?
    01|医師と患者の間には「情報の非対称性」がある
    02|医師同士でも、「ものの見方」に違いがある
    03|医師と患者のコミュニケーションのコツ
    04|「科学は進歩する」という事実
    05|「知識と常識」のアップデート─新型コロナウイルスを例に
    06|誤情報にだまされやすいのはどんなとき?
    07|「エビデンス」の基礎
    08|知っておきたい「リスク」の考え方

    第2章 「デマ」や「偏った情報」の特徴
    01|「○○に効く!」100%の断定はうそを疑おう
    02|「免疫力」という魔法の言葉
    03|「○○の陰謀」予防接種業界の定番、陰謀論
    04|利益相反とは
    05|「医師」「患者」双方に取材しない報道
    06|有名医師・研究者が推薦/「個人的な体験談」のエビデンスは?
    07|動物実験で「効果あり」の情報に注意!
    08|研究の限界

    第3章 自身を守り家族を守る医療情報リテラシー
    01|どこから医療情報を得る?
    02|どのサイトを見ればいい?
    03|よい情報を普段から得ている人のところに、よい情報は集まる
    04|ちょっと慣れてきたら「情報ソース」を探そう
    05|複数のソースを調べて、比較しよう
    06|「ファクト」と「オピニオン」を区別しよう
    07|【応用編】情報を使いこなそう

    第4章 「感染症・放射線・がん」で具体的に学ぶ医療リテラシー
    01|感染症の基礎・「ウイルス」と「細菌」の違い
    02|新型コロナウイルスとSARS、インフルエンザ
    03|よく聞く「感染経路」とは?
    04|世界では「薬の効かないウイルスと細菌」が増えている
    05|新型コロナウイルスに学ぶ、「検査を受けること」の意味
    06|感染症の「ワクチン」と「薬」の話
    07|放射線の基礎・放射線とはどんなもの?
    08|放射線が体に影響を与える仕組み・がんや妊娠と被ばく
    09|「放射線」を使った検査
    10|「放射線を浴びたらがんになる」のは本当か
    11|あらためて、がんとは何か
    12|「がん」にもいろんな種類がある
    13|がん治療で知っておきたいこと
    14|「がんになったら死ぬ」は本当ではない
    15|がんは「早く見つけすぎる」場合もある
    16|「生活習慣でがんになる」は本当か
    17|「標準治療」が実は最良の治療

    第5章 知っておきたい「病院のかかり方、薬のもらい方」
    01|何科にかかればいいかわからない人のために
    02|行くなら大病院?個人のクリニック?
    03|薬は、たくさんもらえばいいわけではない理由
    04|「病院に行かない」選択肢もある

  • 出版社からのコメント

    その医療情報、ほんとうに信頼できますか? Withコロナ時代の医療情報のウソ、ホントがわかる本
  • 内容紹介

    その情報、ほんとうに信頼できますか?
    医療情報のウソ、ホントがわかる本

    医療リテラシーはヘルスリテラシーともよばれ、医療や健康に関する情報を集め、
    健康維持や治療などの意思決定に活用できる力のことをいいます。

    新型コロナウイルスの報道に見られるように、現在、医療に関するいろいろな
    情報が、ネットや新聞、TVにあふれています。

    医学の進歩とインターネットの発達により、今は医療に関するさまざまな情報を手軽に
    得ることができます。一方、日々の報道やSNSから流れてくる大量の情報の中から
    科学的に正しい情報を選ぶのは、とても難しくなりました。

    そこで本書では、医療や健康に関するデマや、不安をあおるような内容に惑わされず、
    医療リテラシーを身につけて実践し、健康で幸せな生活を送る方法について
    身近な例を用いてわかりやすく解説していきます。

    【本書で取り上げる身近なギモンの例】
    ・「○○に効く!」といったうたい文句は信じられるのか
    ・「がんは消える」は本当なのか
    ・「エビデンス」とはそもそも何なのか
    ・科学的に正しい医療情報はどこから入手すればいいのか
    ・医師と上手にコミュニケーションをとるにはどうすればいいのか著者は、放射線科医として臨床の現場で活躍し続け、医師業の傍ら医療ジャーナリストとして
    医療制度やがん、日本の医療の未来を中心とした記事の執筆を行っている松村むつみ先生。

    より正しい情報を利用し、医療サービスを円滑に利用できるよう、本書で医療リテラシー
    の基礎のキソを学びましょう。

    【目次】
    序章 医療リテラシーを身につけたい理由
    第1章 どうして医療情報は、わかりにくいのか?
    第2章 「デマ」や「偏った情報」の特徴
    第3章 自身を守り家族を守る医療情報リテラシー
    第4章 「感染症・放射線・がん」で具体的に学ぶ医療リテラシー
    第5章 知っておきたい「病院のかかり方、薬のもらい方」

  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    松村 むつみ(マツムラ ムツミ)
    1977年愛知県一宮市生まれ。2003年、名古屋大学医学部医学科卒。2003年、国立国際医療センター(現、国立国際医療研究センター)臨床研修医。当初外科を志すが、その後放射線科医(画像診断)の道へ。専門は乳房画像診断。横浜市立大学にて博士(医学)取得。放射線診断専門医、核医学専門医、日本乳癌学会認定医。2017年に大学を辞しフリーランスとなり、神奈川県や東京都の複数の病院に勤務の傍ら、自宅でも遠隔画像診断を行う。同時期より、各種ウェブ媒体に、幅広く医療記事を執筆。一般の方々の医療リテラシー向上に貢献するべく活動中。日本医学ジャーナリスト協会会員、アメリカヘルスケアジャーナリスト協会会員

自身を守り家族を守る医療リテラシー読本―もう惑わされない!医療情報のウソを見抜く力がつく本 の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:松村 むつみ(著)
発行年月日:2020/12/17
ISBN-10:4798168068
ISBN-13:9784798168067
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:207ページ
縦:19cm
他の翔泳社の書籍を探す

    翔泳社 自身を守り家族を守る医療リテラシー読本―もう惑わされない!医療情報のウソを見抜く力がつく本 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!