リベラルとは何か―17世紀の自由主義から現代日本まで(中公新書) [新書]
    • リベラルとは何か―17世紀の自由主義から現代日本まで(中公新書) [新書]

    • ¥90228ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年5月20日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003356441

リベラルとは何か―17世紀の自由主義から現代日本まで(中公新書) [新書]

価格:¥902(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年5月20日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日: 2020/12/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

リベラルとは何か―17世紀の自由主義から現代日本まで(中公新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    混迷の時代に探る新たな「可能性」。17世紀の自由主義から現代日本まで、ケインズ・ロールズによる刷新、1968年の社会運動、ポピュリズムに奪われた支持層、日本での挫折―歴史、思想、政策から考える。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 自由放任主義からリベラルへ
    第2章 新自由主義vs.文化的リベラル
    第3章 グローバル化とワークフェア競争国家
    第4章 現代リベラルの可能性
    第5章 排外主義ポピュリズムの挑戦
    第6章 日本のリベラル―日本のリベラルをどうとらえるか
    終章 リベラルのゆくえ
  • 出版社からのコメント

    個人が自由に生き方を選択できるよう国家が支援すべきと考える「リベラル」。歴史的な変遷と現代の可能性から日本の状況まで論じる。
  • 内容紹介

    「すべての個人が自由に生き方を選択できるよう国家が支援するべきだ」と考えるリベラル。17世紀西ヨーロッパの自由主義を出発点として、第二次世界大戦後は先進国に共通する立場となった。しかし、1970年代以降は新自由主義や排外主義による挑戦を受け、苦境に陥っている。はたしてリベラルは生き残れるのか。具体的な政策を交えつつ、歴史的な変遷と現代の可能性を論じ、日本でリベラルが確立しない要因にも迫る。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田中 拓道(タナカ タクジ)
    1971年、兵庫県生まれ。国際基督教大学教養学部卒業、フランス社会科学高等研究院DEA課程修了、北海道大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(法学)。北海道大学法学部講師、新潟大学法学部准教授などを経て、2010年より一橋大学大学院社会学研究科准教授、15年より同教授。専門は政治理論、比較政治
  • 著者について

    田中 拓道 (タナカタクジ)
    田中拓道

    1971年、兵庫県生まれ。国際基督教大学教養学部卒業、フランス社会科学高等研究院DEA課程修了、北海道大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(法学)。北海道大学法学部講師、新潟大学法学部准教授などを経て、2010年より一橋大学大学院社会学研究科准教授、15年より同教授。専門は政治理論、比較政治。著書に『貧困と共和国――社会的連帯の誕生』(人文書院、2006年、社会政策学会奨励賞)、『よい社会の探求――労働・自己・相互性』(風行社、2014年)、『福祉政治史――格差に抗するデモクラシー』(勁草書房、2017年、損保ジャパン日本興亜福祉財団賞)など。

リベラルとは何か―17世紀の自由主義から現代日本まで(中公新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:田中 拓道(著)
発行年月日:2020/12/25
ISBN-10:4121026217
ISBN-13:9784121026217
判型:新書
対象:教養
発行形態:新書
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:208ページ
縦:18cm
他の中央公論新社の書籍を探す

    中央公論新社 リベラルとは何か―17世紀の自由主義から現代日本まで(中公新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!