回想 イトマン事件―闇に挑んだ工作30年目の真実 [単行本]
    • 回想 イトマン事件―闇に挑んだ工作30年目の真実 [単行本]

    • ¥2,42073ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年4月22日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
回想 イトマン事件―闇に挑んだ工作30年目の真実 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003356539

回想 イトマン事件―闇に挑んだ工作30年目の真実 [単行本]

価格:¥2,420(税込)
ポイント:73ポイント(3%還元)(¥73相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年4月22日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日: 2020/12/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

回想 イトマン事件―闇に挑んだ工作30年目の真実 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    無謀な地上げ、法外な絵画取引、乱脈なゴルフ場開発…。株価上昇と地価高騰に沸くバブル経済のただなかで、創業一〇〇年余の中堅商社を通じ、闇社会がメインバンクの住友銀行から巨額のカネをむしり取ったイトマン事件。戦後最大の経済事件発覚の発火点は「イトマン従業員一同」を名乗る内部告発状、住銀のバンカーと記者のタッグによる「Letter」作戦だった―。一九九〇年九月一六日、日経新聞上でスクープを放った記者が、告発の闘いの軌跡を詳細な日記やメモを元に語り下ろしたオーラルヒストリー。
  • 目次

    イトマン事件の概要
    イトマン事件の主な登場人物と相関図

    序章 事件発覚の仕掛け人は"サラリーマン記者"
    第1章 バブルのただ中で--事件の萌芽と共闘の始まり
    第2章 金融引き締めと総量規制--取材の機が熟す
    第3章 共同取材の始まりは住銀会長への直撃
    第4章 「戦後最大の経済事件」へ--予感は確信に
    第5章 餅屋は餅屋、財務データは興銀から入手
    第6章 内部告発「Letter」の仕掛け
    第7章 骨抜きにされた第一報--次の一手への模索
    第8章 一筋の光明、日本銀行考査局
    第9章 待ちに徹し、未来の"特ダネ"へ布石
    第10章 ゴールは小さな大スクープ
    終章 バブル潰しの火をつけて

    おわりに オーラルヒストリーで描き出す事件の貌……………五十嵐京治

    イトマン事件年表
  • 出版社からのコメント

    戦後最大の経済事件解明の発火点は、記者と住銀バンカーによるマル秘工作、内部告発状作戦だった。
  • 内容紹介

    株価上昇と地価高騰に沸くバブル経済のただなかで、中堅商社を通じ闇社会がメインバンクの住友銀行から莫大なカネをむしり取ったイトマン事件。事件発覚の発火点は、、住銀のバンカーと記者のタッグによる内部告発状だった--。日経新聞上で“スクープ”を放った記者が、告発の闘いの軌跡を詳細な日記やメモを元に語り下ろしたオーラルヒストリー。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大塚 将司(オオツカ ショウジ)
    1950年横浜市生。作家・経済評論家。早稲田大学大学院政治学科修了後、日本経済新聞社に入社。証券・銀行業界、大蔵省、通産省、財界等を担当。78年の佐世保重工業救済報道を皮切りに、リッカー(84年)と三光汽船(85年)の経営危機を暴き、倒産につながった。「三菱銀行・東京銀行の合併」のスクープで95年度新聞協会賞を受賞。2003年の株主総会で鶴田卓彦社長(当時)による会社私物化を追及し、退陣に追い込んだ。10年に定年退職

回想 イトマン事件―闇に挑んだ工作30年目の真実 の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:大塚 将司(著)
発行年月日:2020/12/22
ISBN-10:4000614398
ISBN-13:9784000614399
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:305ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:330g
他の岩波書店の書籍を探す

    岩波書店 回想 イトマン事件―闇に挑んだ工作30年目の真実 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!