発達障害・知的障害のための合理的配慮ハンドブック [単行本]
    • 発達障害・知的障害のための合理的配慮ハンドブック [単行本]

    • ¥2,86086ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003356866

発達障害・知的障害のための合理的配慮ハンドブック [単行本]

価格:¥2,860(税込)
ポイント:86ポイント(3%還元)(¥86相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2020/12/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

発達障害・知的障害のための合理的配慮ハンドブック の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    合理的配慮を実現するために必要な、法律、医療・心理、教育の視点。特別支援教育をはじめとする教育現場や医療機関、職場や福祉施設などで、何が合理的配慮として求められているのか。とくに判断が難しい発達障害・知的障害の事例を多く集め、3つの視点で具体的に解説する。
  • 目次

    第1章 総論(1 法律分野 2 医療・心理分野 3 教育分野)
    第2章 学校教育(1 就学 2 学習支援 3 人権的課題 4 情報保障 5 いじめ
    6 対人コミュニケーション 7 自立支援・生活指導 コラム)
    第3章 大学(1 入学 2 修学上の配慮 3 学生生活上の配慮)
    第4章 医療機関(1 受診 2 診察・検査 3 治療)
    第5章 就労(1 採用 2 職場 3 職場環境 コラム)
    第6章 医療型・福祉型障害児入所施設,福祉作業所(1 虐待防止 2 安全配慮 
    3 コミュニケーション支援)
    第7章 家族から見た配慮(1 当事者の立場から 2 きょうだいの立場から 3 親の会・当事者会を運営する立場から)
    第8章 災害時における子どもの配慮
  • 内容紹介

    障害者差別解消法により,障害者に対する「合理的配慮」の提供が,特に学校や職場,医療機関や福祉施設において求められている。本書では判断が難しい発達障害・知的障害の事例に焦点を当て,法律的視点,医療・心理的視点,教育的視点から具体的に解説する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    土橋 圭子(ドバシ ケイコ)
    福井県生まれ。金沢大学教育学部卒業。放送大学大学院(学術修士)。臨床発達心理士。大阪大学大学院連合小児発達学研究科・立命館大学生存学研究所(研究員)。前職は愛知県立特別支援学校(教諭)

    渡辺 慶一郎(ワタナベ ケイイチロウ)
    神奈川県生まれ。信州大学医学部卒業。東京大学相談支援研究開発センター准教授。国立精神・神経センター武蔵病院・同神経研究所、東京大学医学部附属病院精神神経科、同こころの発達診療部を経て、2009年から大学生の精神科診療や発達障害支援を行う部門で研鑽

発達障害・知的障害のための合理的配慮ハンドブック の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:土橋 圭子(編)/渡辺 慶一郎(編)
発行年月日:2020/12/20
ISBN-10:4641174598
ISBN-13:9784641174597
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:249ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 発達障害・知的障害のための合理的配慮ハンドブック [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!