小さな学校の時代がやってくる―スモールスクール構想・もうひとつの学校のつくり方 [単行本]

販売休止中です

    • 小さな学校の時代がやってくる―スモールスクール構想・もうひとつの学校のつくり方 [単行本]

    • ¥1,760106ポイント(6%還元)
100000009003359312

小さな学校の時代がやってくる―スモールスクール構想・もうひとつの学校のつくり方 [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:106ポイント(6%還元)(¥106相当)
日本全国配達料金無料
出版社:築地書館
販売開始日: 2021/02/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

小さな学校の時代がやってくる―スモールスクール構想・もうひとつの学校のつくり方 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    すべての子どもが、学ぶ内容を固定してしまう学習指導要領に則った大きな学校での画一的な教育になじむとは限らない。学びの深さが変わる異年齢集団での学び、生徒の主体的・対話的な学びができる小さな学校が、子どもたちのもう一つの選択肢として、続々とできてきている。世界の先進的な学校を取材し、自らも大阪でオルタナティブスクールの創設、運営に携わる著者が、生徒数200人以下の小さな学校を実現するための立法、制度作りから教育構想まで平易に解説する「スモールスクール提言」。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 小さな学校は素晴らしい(小さな学校ではみんな生き生きしている;一人ひとりの学びを大切にする教育)
    第2部 小さな学校は可能である(教育に多様な選択肢を持とう;もう一つの学校制度を構想する;構想の実現に向かって)
  • 内容紹介

    すべての子どもが、
    学ぶ内容を固定してしまう学習指導要領に則った、
    大きな学校での画一的な教育になじむとは限りません。

    学びの深さが変わる異年齢集団での学び、
    生徒の主体的・対話的な学びができる小さな学校が、
    子どもたちのもう一つの選択肢として、続々とできてきています。

    世界の先進的な学校を取材し、
    自らも大阪でオルタナティブスクールの創設、運営に携わる著者が、
    生徒数200人以下の小さな学校を実現するための、
    立法、制度作りから教育構想まで平易に解説する、
    「スモールスクール宣言」。

    [永田佳之氏(聖心女子大学教授)推薦文]
    ポスト・コロナ時代の教育はどんな教育になるのだろう?
    「元に戻さない」と多くの人は言うけれど、
    「どのように?」と問われると、途方に暮れてしまう。
    しかし本書には、新たな時代に求められる教育の在り方と方向性が描かれている。
    ユネスコ等がリードし、SDGsを実現するための教育でもある
    ESDの特徴である「変容」「統合」「刷新」のすべてがここにある。


    [この宣言書を共有したい8つの読者グループ]
    1 子育て中の親
    2 現役の学校の教師
    3 教師になろうと思っている学生
    4 自分たちで学校を創ろうと思っている人
    5 過疎化や少子化で学校閉鎖に直面している学校の保護者や管理者
    6 大学生の教育に携わる教員、教育学研究者
    7 文科省、自治体の教育部局スタッフ
    8 教育に関する立法に携わる政治家
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    辻 正矩(ツジ マサノリ)
    建築設計事務所に勤務後、大阪大学、大阪工業大学などで、建築計画と建築設計を教える。自ら学校を立ち上げ、箕面こどもの森学園園長としてオルタナティブ教育に携わる。認定NPO法人コクレオの森代表理事、学校法人きのくに子どもの村学園理事、多様な教育を推進するためのネットワーク副代表

小さな学校の時代がやってくる―スモールスクール構想・もうひとつの学校のつくり方 の商品スペック

商品仕様
出版社名:築地書館
著者名:辻 正矩(著)
発行年月日:2021/02/15
ISBN-10:4806716138
ISBN-13:9784806716136
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:教育
言語:日本語
ページ数:188ページ
縦:19cm
他の築地書館の書籍を探す

    築地書館 小さな学校の時代がやってくる―スモールスクール構想・もうひとつの学校のつくり方 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!