男の業の物語 [単行本]
    • 男の業の物語 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003361441

男の業の物語 [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2020/12/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

男の業の物語 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    自己犠牲、執念、友情、死に様、責任、自負、挫折、情熱、変節…男だけが理解し、共感し、歓び、笑い、泣くことのできる世界。そこには女には絶対にあり得ない何かがある。42の鮮やかな男の生き様。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    友よさらば
    死ぬ思い
    男の執念
    片思い
    安藤組と私
    博打
    秘めたる友情
    男の面子に関わる会話
    男の美徳
    臆病の勇気〔ほか〕
  • 内容紹介

    男が「男」である証とは。
    自己犠牲、執念、友情、死に様、責任、自負、挫折、情熱、変節……
    男だけが理解し、共感し、歓び、笑い、泣くことのできる世界。
    そこには女には絶対にあり得ない何かがある。



    42の鮮やかな男の生き様

    以前、亡き三島由紀夫氏と男の最高の美徳とは何かについて対談したことがある。口を切る前に彼が互いに紙に書いて入れ札しようと言い出し、言われるまま互いに書いて見せ合ったら、期せずして全く同じ「自己犠牲」だった。
     確かに歴史を振り返ってみれば、仕えている主君や国のために潔く身を賭して死んだ侍の逸話には事欠かない。
    (「男の美徳」より)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    石原 慎太郎(イシハラ シンタロウ)
    1932年神戸市生まれ。一橋大学卒。55年、大学在学中に執筆した「太陽の季節」で第1回文學界新人賞を、翌年芥川賞を受賞。『化石の森』(芸術選奨文部大臣賞受賞)、『生還』(平林たい子文学賞受賞)など著書多数
  • 著者について

    石原 慎太郎 (イシハラ シンタロウ)
    1932年神戸市生まれ。一橋大学卒。55年、大学在学中に執筆した「太陽の季節」で第1回文學界新人賞を、翌年芥川賞を受賞。ミリオンセラーとなった『弟』や2016年の年間ベストセラー総合第一位に輝いた『天才』、『法華経を生きる』『老いてこそ人生』『子供あっての親――息子たちと私――』『男の粋な生き方』『凶獣』『救急病院』『老いてこそ生き甲斐』『新解釈現代語訳 法華経』など著書多数。

男の業の物語 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:石原 慎太郎(著)
発行年月日:2020/12/15
ISBN-10:4344036948
ISBN-13:9784344036949
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:269ページ
縦:20cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 男の業の物語 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!