スクリーンが待っている [単行本]
    • スクリーンが待っている [単行本]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年4月22日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003365539

スクリーンが待っている [単行本]

価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年4月22日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2021/01/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

スクリーンが待っている [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    最新監督作『すばらしき世界』に挑んだ五年間の軌跡。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    スクリーンが待っている(恋;出会い;ともだち;時代;ホーム;塀;孤児;船;幸福;山;妖怪;異邦の人;花;夜明け前)
    映画をはなれて(逃げ場所;私の青い鳥;ピクシーえほん;みつけたともだち;都会の景色;二十三年後の夏;スポーツを「みる」;壁また壁;鋏のこと)
    夢日記
    蕎麦屋ケンちゃん失踪事件
  • 内容紹介

    ああ、世界は奇跡に満ちていたんだな。

    「ニヤニヤ、クスクス。これ、立派な映画作りの教則本です」役所広司
    「ため息がでるほど、画には映らない想いがつまってる」仲野太賀
    一貫してオリジナル作品に拘ってきた著者が、初めて小説をもとにした作品のメガホンを取った。原案は、佐木隆三氏の『身分帳』。13年という最後の刑期を終えた元殺人犯の人生を描き、舞台を昭和から現代に移して脚本化。『身分帳』との出合い、脚本執筆のために潜り込んだ婚活パーティ、一か八かの撮影現場、コロナによる編集作業の休止など、映画の制作過程の出来事が時にユーモラスに、時にアイロニカルに描かれる。
    『すばらしき世界』は、2021年2月11日に公開。主演の役所広司さんはじめ、仲野太賀さん、長澤まさみさんなど豪華キャスト。2020年9月に行われたトロント国際映画祭への正式出品など既に注目を集めている。

    【編集担当からのおすすめ情報】
    映画『すばらしき世界』は、2021年2月11日に公開です!

    映画の世界を離れたテーマの読み物と、『すばらしき世界』のアナザーストーリーともいえる短編小説を収録。

    図書館選書
    話題の映画『すばらしき世界』。原案となった佐木隆三氏の『身分帳』との出合い、脚本作りのための取材、一か八かの撮影現場、公開に至る心境まで、約5年の思いを綴るエッセイ集。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    西川 美和(ニシカワ ミワ)
    1974年広島県生まれ。2002年『蛇イチゴ』で脚本・監督デビュー

スクリーンが待っている [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:西川 美和(著)
発行年月日:2021/01/20
ISBN-10:4093888086
ISBN-13:9784093888080
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:283ページ
縦:20cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 スクリーンが待っている [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!