新潟県 県民性の民俗史―県民性の再生産 ことわざ・くらし・雪の系譜 [単行本]
    • 新潟県 県民性の民俗史―県民性の再生産 ことわざ・くらし・雪の系譜 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003366596

新潟県 県民性の民俗史―県民性の再生産 ことわざ・くらし・雪の系譜 [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潟日報事業社
販売開始日: 2020/12/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

新潟県 県民性の民俗史―県民性の再生産 ことわざ・くらし・雪の系譜 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    新潟県の県民性は子どもたちの中に再生産され続けていた。民俗は県民性再生産のDNAである。地域・社会・家庭―日常生活の検証から県民性形成の系譜を考察する楽しい民俗読本!!82項。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 県民性の社会伝承(家と町・村社会;人の一生)
    第2章 県民性の生活伝承(農業;織物業―越後 ほか)
    第3章 県民性の文化伝承(宗教;芸能)
    第4章 県民性の雪伝承(「雪の伝説」;「霜月のひとつ雷は根雪の合図」 ほか)
  • 内容紹介

    新潟県県民性シリーズ第3作。シリーズ完結編。
    民俗は日常生活そのものであり、人々に大きな影響を与えていった。そしていつしかある地理的空間ごとに漠然とした気質を共有するようになる。県という地理的空間で見たとき、これを県民性という。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    伊藤 充(イトウ ミツル)
    1951年、新潟県生まれ。新潟大学教育学部卒業後、新潟県公立小学校、新潟大学教育学部附属新潟小学校、新潟県教育庁、新潟市教育委員会に勤め、新潟市立新潟小学校長を最後に退職。その間、新潟県史、新潟市史をはじめとする市町村史の編集委員・執筆委員を務める。2012年から新潟市教育委員会教育政策監、2016年から新潟大学教育・学生支援機構特任教授を務め、現在は新潟青陵大学特任教授、新潟県新聞活用教育(NIE)推進協議会会長

新潟県 県民性の民俗史―県民性の再生産 ことわざ・くらし・雪の系譜 の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潟日報事業社 ※出版地:新潟
著者名:伊藤 充(著)
発行年月日:2020/12/21
ISBN-10:4861327547
ISBN-13:9784861327544
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:222ページ
縦:21cm
他の新潟日報事業社の書籍を探す

    新潟日報事業社 新潟県 県民性の民俗史―県民性の再生産 ことわざ・くらし・雪の系譜 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!