台湾、あるいは孤立無援の島の思想―民主主義とナショナリズムのディレンマを越えて [単行本]
    • 台湾、あるいは孤立無援の島の思想―民主主義とナショナリズムのディレンマを越えて [単行本]

    • ¥4,950149ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月25日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003366895

台湾、あるいは孤立無援の島の思想―民主主義とナショナリズムのディレンマを越えて [単行本]

価格:¥4,950(税込)
ポイント:149ポイント(3%還元)(¥149相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月25日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2021/01/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

台湾、あるいは孤立無援の島の思想―民主主義とナショナリズムのディレンマを越えて の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    構造的に“賎民”であることを強いられてきた台湾。多元・民主・平等に基づくナショナリズムを梃子として孤立無援の境遇からの脱出を探る、持続的思索の集成。
  • 目次

    フォルモサ、香港、日本に献げる――日本語版への序文

    序 幸福な島にて

    I 窮境を脱するために――歴史のヴェールをはがす
    1 台湾ポストコロニアル・テーゼ――A Partisan View
    2 民主化のパラドックスとディレンマ?――台湾ナショナリズム再考
    3 国家建設、内部植民と冷戦――戦後台湾における国家暴力の歴史的文脈および移行期正義問題の根源

    II 窮境に嵌まりこむ――帝国の狭間で
    4 賤民宣言――あるいは台湾の悲劇の道徳的意義
    5 比較史、地政学、そして日本において寂寞の内に台湾を研究するという営みについて――ベネディクト・アンダーソンへの応答
      “De courage, mon vieux, et encore de courage!”――ベネディクト・アンダーソンへの手紙

    III-1 再び、窮境を脱するために――ニーチェ的カント主義者の夢想
    日本「我は一個の他者である」
    6 反記憶政治論――日台関係の再構築にかかわる歴史学主義の観点
    7 賤民の救済と過去の償い――「村山談話」をめぐる一台湾人の省察
    8 最も高貴な痛苦――大江健三郎『ヒロシマ・ノート』『沖縄ノート』における日本への郷愁

    世界「虐げらるるものの解放、沈めるものの向上、自主独立なるものの平和的結合」
    9 道徳の政治的基礎を論ずる――南アフリカと台湾との移行期正義モデルにかかわる初歩的比較
    10 琉球共和国に捧ぐ――一台湾人による松島泰勝『琉球独立への道』読解
    11 リリパット人たちの夢――香港ナショナリズムにかかわる思索ノート
    12 歴史と自由の弁証法――香港における「国民教育科」推進問題をめぐる内省
    13 ユートピアへの航行――「小国の魂」について

    III-2 再び、窮境を脱するために――社会的意志の創造
    14 社会運動、民主主義の再定着、国家統合――市民社会と現代台湾における市民的ナショナリズムの再構築(2008-10年)
    15 黒潮論

    付録
    1 民主、平和、守護台湾(1996年3・22世界キャンドル守護台湾民主運動宣言)
    2 野イチゴをしてわれわれを団結せしめよ(2008年野イチゴ運動に捧げる詩)

    初出一覧
    戦後台湾政治史関係年表
    訳者あとがき
  • 出版社からのコメント

    台湾はいかにして内部的分断を乗り越え、強靭な市民社会を形成したのか。国際政治上の孤立をどう脱け出すのか。思想的源流を探る。
  • 内容紹介

    台湾は近代以降、清、日本、中華民国、アメリカという複数の帝国による連続的な支配を受け、またその複雑な民族構造のために統一的なナショナリズムや共通の歴史認識の形成を阻まれてきた。台湾の主体化を達成すべく、人々は歴史を紐解き、過去の国家暴力や不正義をただして内部的な分断を乗り越えることを通じて民主化を推し進め、生存空間を共にする者たちの同盟としての「台湾民族」と、多元・民主・平等に基づいて同盟を強化するためのイデオロギーとしての「台湾ナショナリズム」を志向した。しかしそうした内部的な努力にもかかわらず、国際社会においては、主権国家体制からの排除や、新興の中国を含む諸帝国の狭間にあるという地政学的構造に起因する現実政治の桎梏を自力で克服することはできず、その命運はいまなお強権によって掌握されている。
    台湾の市民社会はそうした賤民(パーリア)的境遇を自覚的に引き受け、新たな帝国と資本主義による支配に対抗することを通じて逆説的に民主主義を深化させた。そしていまや普遍的価値を台湾社会に体現することに世界への回帰の道を見出し、行動している。

    政治学者による20年におよぶ思想的格闘の集成。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    呉 叡人(ゴ エイジン)
    1962年、台湾桃園生まれ。台湾大学政治系卒。シカゴ大学政治学博士。現職は中央研究院台湾史研究所副研究員

    駒込 武(コマゴメ タケシ)
    東京都駒込生まれ。東京大学教育学部卒。教育学博士(東京大学)。現職は京都大学大学院教育学研究科教授。専攻は植民地教育史、台湾近現代史
  • 著者について

    呉 叡人 (ゴエイジン)
    1962年、台湾桃園生まれ。台湾大学政治系卒、シカゴ大学政治学博士。現職は中央研究院台湾史研究所副研究員。著書に『台湾、あるいは孤立無援の島の思想――民主主義とナショナリズムのディレンマを越えて』(駒込武訳、みすず書房、2021)、訳書にベネディクト・アンダーソン『想像の共同体』の中国語版(《想像的共同体》台北:時報文化、1999年)がある。比較史的な歴史分析、思想史、文学に知的関心を持ち、台湾と日本と世界を往来し、詩を愛し、自由を夢想する。

    駒込 武 (コマゴメタケシ)
    東京都駒込生まれ。東京大学教育学部卒、教育学博士(東京大学)。現職は京都大学大学院教育学研究科教授。専攻は植民地教育史、台湾近現代史。単著に『世界史のなかの台湾植民地支配――台南長老教中学校からの視座』(岩波書店、2015年)、編著に『生活綴方で編む「戦後史」――〈冷戦〉と〈越境〉の1950年代』(岩波書店、2020年)等。訳書に呉叡人『台湾、あるいは孤立無援の島の思想――民主主義とナショナリズムのディレンマを越えて』(みすず書房、2021)。

台湾、あるいは孤立無援の島の思想―民主主義とナショナリズムのディレンマを越えて の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:呉 叡人(著)/駒込 武(訳)
発行年月日:2021/01/18
ISBN-10:4622089742
ISBN-13:9784622089742
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:452ページ
縦:20cm
重量:500g
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 台湾、あるいは孤立無援の島の思想―民主主義とナショナリズムのディレンマを越えて [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!