NO NUKES―"ポスト3・11"映画の力・アートの力 [単行本]
    • NO NUKES―"ポスト3・11"映画の力・アートの力 [単行本]

    • ¥4,950149ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年8月8日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
NO NUKES―"ポスト3・11"映画の力・アートの力 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003367564

NO NUKES―"ポスト3・11"映画の力・アートの力 [単行本]

価格:¥4,950(税込)
ポイント:149ポイント(3%還元)(¥149相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年8月8日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:名古屋大学出版
販売開始日: 2021/02/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

NO NUKES―"ポスト3・11"映画の力・アートの力 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    “見えないもの”を映しだす―。新たな困難によっても上書きされない、明日への記憶のために。
  • 目次

    序 章
    1 忘却の中から
    2 一つ目の「痕跡」
    3 二つ目の「痕跡」
    4 忘却から約束へ
    5 本書の構成

    第1章 フクシマ以前のNO NUKES
    ――戦後原子力映画と「安全神話」史
    はじめに
    1 原子力PR映画にみる「安全神話」――『福島の原子力』
    2 危険の区画化――『第五福竜丸』
    3 可視化される原爆とその意味の形骸化――『太陽を盗んだ男』
    4 新たなメディア信奉――『原発切抜帖』
    おわりに代えて――ポスト3・11における「安全神話」の解体

    第2章 3・11をまたぐ
    ――『ミツバチの羽音と地球の回転』が示す政治力
    はじめに
    1 流通スタイルの融合――「古い」自主上映と「新しい」マルチ・プラットフォーム
    2 「アクセントのある映画」の中のグローカルな主体
    3 解りやすいスタイル――ドキュメンタリーにおける「明瞭性」の意義
    おわりに

    第3章 「原子力ムラ」に抗する
    はじめに
    1 「映画」と「法」の結びつき
    2 「解りやすさ」の美学/文法
    3 『日本と原発』の解りやすさ
    4 『日本と再生』の解りやすさ
    5 短編作品『東電刑事裁判』『不当判決』の解りやすさ
    6 テレビ・ドキュメンタリーと「解りやすさ」の評価
    おわりに

    第4章 インタビューの力
    はじめに
    1 「東北記録映画三部作」とは何か
    2 「東北記録映画三部作」の三つの方法
    3 「東北記録映画三部作」と「語り」という証言
    おわりに

    第5章 動物、女性、子ども、外国人から学ぶフクシマ
    はじめに
    1 動物から学ぶ――『福島 生きものの記録』
    2 女性から学ぶ――『小さき声のカノン』
    3 子どもと外国人から学ぶ――『A2-B-C』
    おわりに

    終 章 3・11以後のアートの力
    はじめに
    1 ここから世界に発信されるものは何なのだろうか――『サン・チャイルド』
    2 表現者の欲求と先行するハイ・コンセプト――『春夏秋冬』と『五百羅漢図』
    3 誰も見ることのできない展覧会――「Don't Follow the Wind」
    4 未完であることの力――『Fukushima Traces, 2011-2013』と『無主物』
    おわりに――オルタナティブな価値観を求めて

    付録 「濱口竜介監督 フィルム・ワークショップ」インタビュー

    あとがき
    初出一覧
    図版一覧
    索引
  • 出版社からのコメント

    大震災/原発事故後、なすべきことを問いかけ、時代のメディア環境のなかで自生した映画やアート。〈見えないもの〉を映しだす力とは
  • 内容紹介

    〈見えないもの〉とたたかう――。大震災/原発事故後、なすべきことを問いかけ、時代のメディア環境の中で自生した、追従せざる映画やアート。「小さき声」の響く作品と向き合い、作家たちの揺れ動く言葉を聴く。新たな困難によっても上書きされない、明日への記憶のために。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ワダ・マルシアーノ,ミツヨ(ワダマルシアーノ,ミツヨ/Wada-Marciano,Mitsuyo)
    徳島市に生まれる。早稲田大学文学部卒業。ニューヨーク大学大学院シネマ・スタディーズで修士号(M.A.)を取得。アイオワ大学大学院シネマ・比較文学で博士号(Ph.D.)を取得。カールトン大学(カナダ)芸術文化学部教授を経て、京都大学大学院文学研究科教授
  • 著者について

    ミツヨ・ワダ・マルシアーノ (ミツヨ ワダ マルシアーノ)
    (Mitsuyo Wada-Marciano)
    徳島市に生まれる。早稲田大学文学部卒業。ニューヨーク大学大学院シネマ・スタディーズで修士号(M.A.)を取得。アイオワ大学大学院シネマ・比較文学で博士号(Ph.D.)を取得。カールトン大学(カナダ)芸術文化学部准教授を経て、現在、京都大学大学院文学研究科教授。著書、『ニッポン・モダン――日本映画1920・30年代』(名古屋大学出版会、2009)、『デジタル時代の日本映画――新しい映画のために』(名古屋大学出版会、2010)、『「戦後」日本映画論――一九五〇年代を読む』(編著、青弓社、2012)、『〈ポスト3.11〉メディア言説再考』(編著、法政大学出版局、2019)、Horror to the Extreme: The Changing Boundaries in Asian Cinema(編著、Hong Kong University Press, 2009)他

NO NUKES―"ポスト3・11"映画の力・アートの力 の商品スペック

商品仕様
出版社名:名古屋大学出版会 ※出版地:名古屋
著者名:ミツヨ ワダ・マルシアーノ(著)
発行年月日:2021/02/05
ISBN-10:4815810141
ISBN-13:9784815810146
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:演劇・映画
言語:日本語
ページ数:236ページ ※229,7P
縦:22cm
重量:451g
他の名古屋大学出版の書籍を探す

    名古屋大学出版 NO NUKES―"ポスト3・11"映画の力・アートの力 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!