認知能力と学習(ふたご研究シリーズ〈第1巻〉) [単行本]
    • 認知能力と学習(ふたご研究シリーズ〈第1巻〉) [単行本]

    • ¥3,740113ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年5月16日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
認知能力と学習(ふたご研究シリーズ〈第1巻〉) [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003368764

認知能力と学習(ふたご研究シリーズ〈第1巻〉) [単行本]

安藤 寿康(監修)敷島 千鶴(編)平石 界(編)
価格:¥3,740(税込)
ポイント:113ポイント(3%還元)(¥113相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年5月16日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2021/03/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

認知能力と学習(ふたご研究シリーズ〈第1巻〉) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    知能の遺伝率は80%。この事実は何を意味するのか?人間のさまざまな心理や行動への遺伝と環境の影響を解き明かす双生児研究の全貌を主要なテーマごとに紹介する世界にも例のない画期的なシリーズ。第1巻は、双生児研究の基盤となる知見や方法論を解説するとともに、人間の知的な活動を支える「認知能力」を取り上げる。
  • 目次

    【目次】

    シリーズ刊行にあたって
    まえがき

    第1章 慶應義塾ふたご行動発達研究センターの試み(安藤寿康)
    1.はじめに
    2.双生児を集める
    3.慶應義塾双生児研究(KTS)――青年期・成人期の双生児コホート
    4.首都圏ふたごプロジェクト(ToTCoP)――新生児から児童期の双生児コホート

    第2章 一卵性双生児と二卵性双生児(敷島千鶴)
    1.2種類の双生児
    2.KTSの卵性診断
    3.等環境仮説
    4.双生児法の起源

    第3章 双生児法とは何か(尾崎幸謙)
    1.行動遺伝学でわかること
    2.共分散構造分析による単変量遺伝分析
    3.コレスキー分析モデル
    4.行動遺伝モデルの仮定

    第4章 一般知能(敷島千鶴)
    1.はじめに
    2.認知能力の測定
    3.一般知能の遺伝環境構造
    4.簡易な一般知能測定テストの開発
    5.認知能力と意思決定
    6.おわりに

    第5章 ワーキングメモリ(安藤寿康)
    1.はじめに
    2.ワーキングメモリとは何か
    3.ワーキングメモリの個人差とその要因――本章の問い
    4.ワーキングメモリの遺伝構造
    5.おわりに

    第6章 空間能力(鈴木国威)
    1.はじめに
    2.空間能力の構造
    3.空間能力の性差
    4.メンタル・ローテーション
    5.おわりに

    第7章 幼児期における実行機能(藤澤啓子)
    1.はじめに
    2.実行機能とは――学術的定義
    3.幼児期の実行機能
    4.幼児期の実行機能の個人差を探る
    5.実行機能と就学前の学習スキル
    6.おわりに――“環境”要因とは具体的には何なのか

    第8章 英語教育(安藤寿康)
    1.はじめに
    2.コミュニカティヴ・アプローチとグラマティカル・アプローチ
    3.教授実験を行う
    4.学習成果を検証する
    5.追試実験
    6.おわりに

    人名索引
    事項索引
  • 出版社からのコメント

    双生児研究の全貌を主要テーマごとに紹介する世界にも例のないシリーズの第1巻。双生児研究の基本と認知能力を取り上げる。
  • 内容紹介

    人間のさまざまな心理や行動への遺伝と環境の影響を解き明かす双生児研究。その全貌を主要なテーマごとに紹介する世界にも例のない画期的なシリーズの第1巻。双生児研究の基盤となる知見や方法論を解説するとともに、一般知能、ワーキングメモリ、空間能力、実行機能など人間の知的な活動を支える認知能力を取り上げる。人間の本質に迫るアプローチとして目覚ましい発展を続ける双生児研究からの示唆に富むエビデンスの数々。

    図書館選書
    人間のさまざまな心理や行動への遺伝と環境の影響を解き明かす双生児研究。その全貌を主要なテーマごとに紹介する世界にも例のない画期的なシリーズの第1巻。双生児研究の基本とともに、認知能力を取り上げる。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    安藤 寿康(アンドウ ジュコウ)
    慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、慶應義塾大学文学部教授。教育学博士。専門は行動遺伝学、教育心理学、進化教育学

    敷島 千鶴(シキシマ チズル)
    慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、帝京大学文学部教授。博士(教育学)、専門社会調査士。専門は社会心理学、パーソナリティ心理学、行動遺伝学

    平石 界(ヒライシ カイ)
    東京大学大学院総合文化研究科博士課程退学。現在、慶應義塾大学文学部教授。博士(学術)。専門は進化心理学
  • 著者について

    安藤 寿康 (アンドウ ジュコウ)
    安藤寿康(あんどう・じゅこう)
    慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、慶應義塾大学文学部教授。教育学博士。専門は行動遺伝学、教育心理学、進化教育学。

    敷島 千鶴 (シキシマ チヅル)
    敷島千鶴(しきしま・ちづる)
    慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、帝京大学文学部教授。博士(教育学)、専門社会調査士。専門は社会心理学、パーソナリティ心理学、行動遺伝学。

    平石 界 (ヒライシ カイ)
    平石界(ひらいし・かい)
    東京大学大学院総合文化研究科博士課程退学。現在、慶應義塾大学文学部教授。博士(学術)。専門は進化心理学。

認知能力と学習(ふたご研究シリーズ〈第1巻〉) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社 ※出版地:大阪
著者名:安藤 寿康(監修)/敷島 千鶴(編)/平石 界(編)
発行年月日:2021/02/20
ISBN-10:442243036X
ISBN-13:9784422430362
判型:A5
発売社名:創元社
対象:専門
発行形態:単行本
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:189ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:2cm
重量:342g
他の創元社の書籍を探す

    創元社 認知能力と学習(ふたご研究シリーズ〈第1巻〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!