法解釈の方法論―その諸相と展望 [単行本]
    • 法解釈の方法論―その諸相と展望 [単行本]

    • ¥6,600198ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年5月19日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003368780

法解釈の方法論―その諸相と展望 [単行本]

価格:¥6,600(税込)
ポイント:198ポイント(3%還元)(¥198相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年5月19日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2021/03/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

法解釈の方法論―その諸相と展望 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    そこに“統一理論”はあるか。『民商法雑誌』の特集に書き下ろし論文を加えて単行本化。「最高裁の法解釈方法の評価」「法解釈方法の現状と将来像」を軸に、13の法分野の法解釈方法論を比較・相互参照する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章―プロローグ(未来志向の法解釈)
    第1章 法解釈の方法論(日本における民法解釈方法論の変遷とその特質;行政法解釈の方法―最高裁判例にみるその動態;経済法解釈の特徴について―競争法におけるルールとスタンダード;商法学における法解釈の方法)
    第2章 経済分析による法解釈の可視化(判例に見る知的財産法解釈方法論と政策形成;国際私法解釈論に関する若干の考察―判例分析をとおして;刑事訴訟法解釈の方法)
    第3章 法分野固有の解釈指針(民事訴訟法の分野における解釈方法論;労働法における法解釈の方法に関する覚書;最高裁判例に見る租税法規の解釈手法;刑法の解釈方法と判例)
    終章―エピローグ(最高裁の憲法解釈方法に関する一考察―なぜ審査基準論を採るべきか)
  • 内容紹介

    法解釈の方法はそれぞれの法分野で独自に展開しており,他の法分野からは見通すことが難しい。本書では「最高裁の法解釈方法の評価」「法解釈方法の現状と将来像」を軸に分野ごとの法解釈方法を分析する。『民商法雑誌』の特集に,書き下ろし論文を加えて単行本化。

法解釈の方法論―その諸相と展望 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:山本 敬三(編)/中川 丈久(編)
発行年月日:2021/03/25
ISBN-10:4641126143
ISBN-13:9784641126145
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:427ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 法解釈の方法論―その諸相と展望 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!