つかふ―使用論ノート [単行本]
    • つかふ―使用論ノート [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年5月9日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003371212

つかふ―使用論ノート [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年5月9日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2021/01/14
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

つかふ―使用論ノート [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「使う」「使われる」広やかな意味を持つ「つかふ」をもういちどわたしたちの暮らしにたぐり寄せる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 「つかふ」の原型(「つかふ」という事態;身体の用法 ほか)
    2 技倆―“用の美”から“器用仕事”へ(「用」と「美」;技巧・技術・技倆 ほか)
    3 使用の過剰―「使える」ということ(「使える」ということ;反動に応じる ほか)
    4 「つかふ」の諸相(スケッチ)(遣ふ;飼う その一 ほか)
    5 使用の両極(いたぶり;占有 ほか)
  • 内容紹介

    「つかう」を巡る、かくも深く、多様な論考

    「つかう」という言葉の様相をさまざまな観点から考え抜いた一冊。道具をつかう、出汁につかう、楽器をつかう……、同じ「つかう」でも、その意味はさまざま。この単語を契機に、意味を探り、使われ方の変遷を辿り、哲学はもちろん、民俗学、芸術学、料理本まで関係書物を渉猟し、考えを深めていきます。著者は、2015年4月から朝日新聞の朝刊に「折々のことば」を連載中の、現代哲学の第一人者である鷲田清一氏。「つかう」を巡り、ひとをつかうから始まり、道具の使用、民芸での意味の変遷、多種多様な身体用法、武道でのかけひき、保育・介護の場面での展開、ペットとのつきあい、ひとと楽器の関係など具体的な場に即して、徹底的に考え抜いた哲学エッセイで、鷲田ワールド全開の一冊です。ひとを、道具を、楽器を、衣服を、ペットを……、「つかう」を介して人はどのように、ひとと、社会と、世界と拘わっているのかを深く考察します。カバー写真と文中には、現代写真の先端で作品を発表し続ける、ヴォルフガング・ティルマンスの写真を採用。アートにも親和性の高い一冊です。

    【編集担当からのおすすめ情報】
    「折々のことば」の筆者が、短い論考では追い切れない、徹底的に考え抜いた「つかう」を巡る一。ヴァルフガング・ティルマンスのカバー写真も、日本の書籍に初採用。ハッと眼をひく装幀です。

    図書館選書
    人をつかう、頭をつかう、道具をつかう、金をつかうと、日常さまざまな意で用いる「つかう」。この言葉をめぐって、恋人たち、武道の場、保育・介護の場面など具体的な場に即して、徹底的に考え抜いた哲学エッセイ。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    鷲田 清一(ワシダ キヨカズ)
    1949年、京都生まれ。京都大学大学院文学研究科(哲学)博士課程修了。大阪大学教授、同総長、京都市立芸術大学理事長・学長等を経て、現在、せんだいメディアテーク館長、サントリー文化財団副理事長。主な著書に『モードの迷宮』(サントリー学芸賞)、『「聴く」ことの力』(桑原武夫学芸賞)、『「ぐずぐず」の理由』(読売文学賞)など

つかふ―使用論ノート [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:鷲田 清一(著)
発行年月日:2021/01/19
ISBN-10:4093888051
ISBN-13:9784093888059
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:256ページ
縦:20cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 つかふ―使用論ノート [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!