新編エドガー・アラン・ポー評論集 ゴッサムの街と人々他+論説「コロナ時代にニューヨーク作家ポーを読む」 [単行本]

販売休止中です

    • 新編エドガー・アラン・ポー評論集 ゴッサムの街と人々他+論説「コロナ時代にニューヨーク作家ポーを読む」 [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
100000009003373385

新編エドガー・アラン・ポー評論集 ゴッサムの街と人々他+論説「コロナ時代にニューヨーク作家ポーを読む」 [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
日本全国配達料金無料
出版社:その他
販売開始日: 2020/12/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

新編エドガー・アラン・ポー評論集 ゴッサムの街と人々他+論説「コロナ時代にニューヨーク作家ポーを読む」 の 商品概要

  • 目次

    訳者による序文――
    幻のニューヨーク論『ゴッサムの街と人々』他
    評論集本邦初訳の背景について
    Ⅰ 『ゴッサムの街と人々――「コロンビア・スパイ」
    への七つの手紙』( 一八四四)
    ・マボットによる序  
    ・『ゴッサムの街と人々――「コロンビア・スパイ」
    への七つの手紙』
    Ⅱ 「雑誌社という牢獄の秘密の告白」(一八四五)
    Ⅲ 「直覚対理性――黒猫序文」(一八四〇)Ⅳ 「ダゲレオタイプ論1~3」(一八三九―四〇) 
    Ⅴ 「貝類学の手引き序文」( 一八三九)
    Ⅵ  「スフィンクス――謎の雀蛾」(一八四六)

    【訳者論考】
    一 ニューヨークがマガジニスト・ポーをつくった
     1.フィラデルフィアからニューヨークへ  2.ナッソー街のポー
     3.〈ニューヨーク・レター〉というジャンル  4. 評価と研究

    二 超傑作「黒猫」の秘密
     1.ノンヒューマン・ストリーとしての「黒猫」  2.ドアを開ける猫
     3.プルートーのダゲレオ肖像画と怪物の現われ

    三 コロナ時代にニューヨーク作家ポーを読む
     1.ポーの人生とパンデミック  2リバティベルと「赤死病の仮面」
     3.ポー的疫病譚の想像力の深み 
     4“The Sphinx” (Death’s-headed Sphinx、髑髏面型雀蛾)とは何か 
      5.髑髏と弔鐘
  • 出版社からのコメント

    幻のニューヨーク論をはじめ、重要でありながら翻訳されてこなかったポーの知る人ぞ知る評論の数々。
  • 内容紹介

    ニューヨークが「マガジニスト・ポー」をいかに生み出したのかがわかる重要な幻のニューヨーク論「ゴッサムの街と人々」をはじめ、あの「黒猫」に付された序文「直感対理性」、そして科学的評論「貝類学序文」「ダゲレオ論」等これまで重要でありながら翻訳されてこなかったポーの知る人ぞ知る評論を、ポーのニューヨーク・コレラ禍を描いた「スフィンクス」論--「コロナ時代にニューヨーク作家ポーを読む」等、ポー新編・新訳を論文付きにてお届けします。

    【目次】
    訳者による序文――
    幻のニューヨーク論『ゴッサムの街と人々』他
    評論集本邦初訳の背景について
    Ⅰ 『ゴッサムの街と人々――「コロンビア・スパイ」
    への七つの手紙』( 一八四四)
    ・マボットによる序  
    ・『ゴッサムの街と人々――「コロンビア・スパイ」
    への七つの手紙』
    Ⅱ 「雑誌社という牢獄の秘密の告白」(一八四五)
    Ⅲ 「直覚対理性――黒猫序文」(一八四〇)Ⅳ 「ダゲレオタイプ論1~3」(一八三九―四〇) 
    Ⅴ 「貝類学の手引き序文」( 一八三九)
    Ⅵ  「スフィンクス――謎の雀蛾」(一八四六)

    【訳者論考】
    一 ニューヨークがマガジニスト・ポーをつくった
     1.フィラデルフィアからニューヨークへ  2.ナッソー街のポー
     3.〈ニューヨーク・レター〉というジャンル  4. 評価と研究

    二 超傑作「黒猫」の秘密
     1.ノンヒューマン・ストリーとしての「黒猫」  2.ドアを開ける猫
     3.プルートーのダゲレオ肖像画と怪物の現われ

    三 コロナ時代にニューヨーク作家ポーを読む
     1.ポーの人生とパンデミック  2リバティベルと「赤死病の仮面」
     3.ポー的疫病譚の想像力の深み 
     4“The Sphinx” (Death’s-headed Sphinx、髑髏面型雀蛾)とは何か 
      5.髑髏と弔鐘
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    伊藤 詔子(イトウ ショウコ)
    広島大学名誉教授。ポー、ソロー等英米ロマン派、環境文学とエコクリティシズム研究者。日本ソロー学会顧問、ASLE、国際ポー学会名誉会員、日本ポー学会副会長、エコクリティシズム研究学会会長
  • 著者について

    伊藤詔子 (イトウショウコ)
    伊藤詔子:広島大学名誉教授。環境文学とエコクリティシズム、ポーとソローと英米ロマン派研究者。著書、『アルンハイムへの道』、『ディズマルスワンプのアメリカンルネサンス』、『よみがえるソロー』『はじめてのソロー』。編著『エコトピアと環境正義の文学』、『エコクリティシズムの波を超えて--人新世の地球を生きる』等多数。翻訳ポー「アルアーラーフ」、ソロー『野生の果実』、ビュエル『環境批評の未来』等。日本ソロー学会顧問、ASLE、国際ポー学会名誉会員、日本ポー学会副会長、エコクリティシズム研究学会代表。

    エドガー・アラン・ポー (エドガーアランポー)
    エドガー・アラン・ポー(1809年~1849年)アメリカの作家、詩人。推理小説の祖とも言われる。主な作品に「アッシャー家の崩壊」、「黄金虫」、詩集『大鴉』など。

新編エドガー・アラン・ポー評論集 ゴッサムの街と人々他+論説「コロナ時代にニューヨーク作家ポーを読む」 の商品スペック

商品仕様
出版社名:小鳥遊書房
著者名:伊藤 詔子(編・訳・著)/エドガー・アラン ポー(著)
発行年月日:2020/12/10
ISBN-10:4909812474
ISBN-13:9784909812476
判型:B6
発売社名:小鳥遊書房
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国文学その他
言語:日本語
ページ数:200ページ
縦:19cm
他のその他の書籍を探す

    その他 新編エドガー・アラン・ポー評論集 ゴッサムの街と人々他+論説「コロナ時代にニューヨーク作家ポーを読む」 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!