ワークスタイル・アフターコロナ―「働きたいように働ける」社会へ [単行本]
    • ワークスタイル・アフターコロナ―「働きたいように働ける」社会へ [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月22日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
ワークスタイル・アフターコロナ―「働きたいように働ける」社会へ [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003374205

ワークスタイル・アフターコロナ―「働きたいように働ける」社会へ [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月22日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:イースト・プレス
販売開始日: 2021/03/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ワークスタイル・アフターコロナ―「働きたいように働ける」社会へ の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    経験してわかった「リモートワーク」の課題とは?「ワーケーション」で長時間労働は改善するか?オフィス不要ではなく、「焚き火的オフィス」が求められる?「居心地の良さ」こそが、最大の企業価値になる―「仕事場」の多様性が、幸せな「働く」を生む!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    PROLOGUE コロナ禍で「ライフスタイル」はどう変わったのか?
    1 「リモート・ネイティブ」はどんな世界を生きているか?(新たなる「リモート・ネイティブ」の登場;マスメディアがつくった「テレ」の世界観 ほか)
    2 「オフィス」はどこになるのか?(コロナ禍がもたらした「WFH」の経験;「バーチャル・オフィス」から見えるオフィスの本質 ほか)
    3 「通勤」と「会議」に意義はあるのか?(無駄な通勤にあった「潜在的な機能」;「オンライン会議」によって会議は減らせるのか ほか)
    4 「テレワーク」と「ワーケーション」は広がるのか?(行政によるテレワークへの「動員」の流れ;「WFH」から自宅に限らない「WFX」へ ほか)
    EPILOGUE アフターコロナの「ワークスタイル」とは?
  • 出版社からのコメント

    リモートワーク/ワーケーション/シェアオフィス……多様化する「職場」と、幸せな「働き方」の未来を探る!
  • 内容紹介

    「仕事場」の多様性が、幸せな「働く」を生む!
    「居心地の良さ」こそが、最大の企業価値に――。

    ・経験してわかった「リモートワーク」の課題とは?
    ・「ワーケーション」で長時間労働は改善するか?
    ・オフィス不要ではなく、「焚き火的オフィス」が求められる?


    コロナ禍をワークスタイルという「やっかいな問題」に向き合うチャンスに!

     組織へのエンゲージメントは、マネジメントや組織文化の課題として捉えられることが多い。一方、二〇一九年のリクルートキャリアによる「働く喜び調査」によると、二〇一三年からの継続調査のなかで働く喜びを感じている割合は、二〇一七年に三六・一%と底を打ち、二〇一九年には四四・五%に上昇していることが示された。そして、働く喜びを感じる対象は、収入よりも快適な環境であったことが示唆されている。
     ここで言う「快適な環境」とは、「無理せずに働くことができる」「落ち着いて今の仕事を続けられる」「希望する場所で働けている」などであった。これらのデータからわかるのは、私たちは働きたくないわけではなく、「働きたいように働けていない」ということである。私たちは、「働きたいように働きたい」のだ。(略)
     アフターコロナのワークスタイルをデザインすることが、今までのように働けないという課題を乗り越えるのではなく、私たちが働きたいように働ける社会をつくるためのプロセスになる。本書がそのきっかけになれば幸いである。〈――本文より〉
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    松下 慶太(マツシタ ケイタ)
    1977年、神戸市生まれ。関西大学社会学部教授。博士(文学)。京都大学文学研究科、フィンランド・タンペレ大学ハイパーメディア研究所研究員、ベルリン工科大学訪問研究員、実践女子大学人間社会学部准教授などを経て現職。専門はメディア論、若者論、コミュニケーション・デザイン
  • 著者について

    松下慶太 (マツシタケイタ)
    松下慶太(まつした・けいた)
    1977年、神戸市生まれ。関西大学社会学部教授。博士(文学)。京都大学文学研究科、フィンランド・タンペレ大学ハイパーメディア研究所研究員、ベルリン工科大学訪問研究員、実践女子大学人間社会学部准教授などを経て現職。専門はメディア論、若者論、コミュニケーション・デザイン。著書に、『モバイルメディア時代の働き方』(勁草書房)、『デジタル・ネイティブとソーシャルメディア』(教育評論社)など。

ワークスタイル・アフターコロナ―「働きたいように働ける」社会へ の商品スペック

商品仕様
出版社名:イースト・プレス
著者名:松下 慶太(著)
発行年月日:2021/03/19
ISBN-10:4781619649
ISBN-13:9784781619644
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:239ページ
縦:19cm
他のイースト・プレスの書籍を探す

    イースト・プレス ワークスタイル・アフターコロナ―「働きたいように働ける」社会へ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!