終身刑の女(小学館文庫) [文庫]
    • 終身刑の女(小学館文庫) [文庫]

    • ¥1,24338ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月23日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003374214

終身刑の女(小学館文庫) [文庫]

価格:¥1,243(税込)
ポイント:38ポイント(3%還元)(¥38相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月23日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2021/02/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

終身刑の女(小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    貧困な家庭で愛情に恵まれず、ドラッグや万引きを繰り返し、ストリッパーになったロミー・ホール。ストーカーを殺した罪で逮捕され、幼き息子を残したまま、一生塀の外に出られない身となった。カリフォルニア州スタンヴィル女子刑務所では、暗澹たる余生を過ごす囚人たちが、あの手この手で生きる希望の糸口を探している。ロミーは絶望の果てに、最愛の息子に会うため脱獄を企てるが…。2018年フランス最高の文学賞「メディシス賞」(外国小説部門)受賞、「ブッカー賞」最終候補作!格差社会の底辺で生きる人々の姿を浮き彫りにした傑作プリズン・ノヴェル。
  • 内容紹介

    2018年仏メディシス賞外国小説賞受賞作

    サンフランシスコは決して「美しい街」ではない。
    冷たい霧と泥と、薬物と銃とタトゥー。

    29歳にして二つの終身刑プラス6年の刑で服役しているロミーにとって、生まれ育った街はただ呪われていた。
    幼い頃から愛情に恵まれず、社会支援も得られず、ドラッグや万引きを繰り返し、ストリッパーになり、子を産んで、その子が幼いうちにストーカーを殺し、逮捕された。
    やがて息子の面倒を見ていた母親が亡くなったと知り、ロミーは絶望の果てに脱走を企てる。

    主人公ロミーの他、カリフォルニア州スタンヴィル女子刑務所で絶望的な余生を過ごす囚人たちが、あの手この手で生きる希望の糸口を探す様子が克明に描かれる。
    刑務所に収監された女性たちの心情を繊細に描き出すことで、格差社会の底辺にいるアメリカ人たちを浮き彫りにした、文学の香気も漂う傑作スリラー。

    なお本作は、フェミナ賞と並ぶフランス最高の文学賞であるメディシス賞(外国小説部門)を2018年に受賞、同年ブッカー賞の最終候補ともなった。


    図書館選書
    フェミナ賞と並ぶフランス最高の文学賞・メディシス賞(外国小説部門)2018年受賞作! また同年のブッカー賞最終候補作! 殺人罪で終身刑を科され収監されていたロミーは、幼い息子に遭うために脱走を企てた。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    クシュナー,レイチェル(クシュナー,レイチェル/Kushner,Rachel)
    1968年、アメリカ合衆国オレゴン州生まれ、ロサンゼルス在住。2008年「Telex from Cuba」でデビュー。処女作、第2作とも全米図書賞の候補となり、第3作となる『終身刑の女』は仏メディシス賞(外国小説部門)を受賞。欧米で最注目作家のひとり

    池田 真紀子(イケダ マキコ)
    1966年、東京都生まれ。上智大学法学部卒。英米ミステリーを中心に訳書は多数

終身刑の女(小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:レイチェル クシュナー(著)/池田 真紀子(訳)
発行年月日:2021/02/10
ISBN-10:4094066691
ISBN-13:9784094066692
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:外国文学小説
言語:日本語
ページ数:493ページ
縦:15cm
その他: 原書名: THE MARS ROOM〈Kushner,Rachel〉
他の小学館の書籍を探す

    小学館 終身刑の女(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!