新・入り婿侍商い帖―遠島の罠〈3〉(角川文庫) [文庫]
    • 新・入り婿侍商い帖―遠島の罠〈3〉(角川文庫) [文庫]

    • ¥74845ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月25日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
新・入り婿侍商い帖―遠島の罠〈3〉(角川文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003376199

新・入り婿侍商い帖―遠島の罠〈3〉(角川文庫) [文庫]

価格:¥748(税込)
ポイント:45ポイント(6%還元)(¥45相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月25日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2021/02/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

新・入り婿侍商い帖―遠島の罠〈3〉(角川文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    島の暮らしにも慣れてきた角次郎は、流人たちとともに畑仕事に精を出していた。ある日、村にある米が盗まれたことにより、犯人捜しが始まるが…。一方江戸では、息子の善太郎たちが、角次郎の冤罪を晴らそうと奮闘していた。川越藩松平家の跡取りを巡り、仙波屋や倉田屋が大黒屋と角次郎を嵌めたことまでは分かっていたが、確証は得られない。さらに、大黒屋の身代を奪おうと、悪評を広めていた。事件の行く末はいかに!?
  • 出版社からのコメント

    八丈島と江戸、両者に忍び寄る影とは……
  • 内容紹介

    八丈島へ流された角次郎は、破落戸らとともに生活の基盤を築いていく。一方江戸では、善太郎が角次郎を呼び戻すため奮起していたが、戸締の最中に商いをしていたことが取りざたされ、さらに困難な状況に!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    千野 隆司(チノ タカシ)
    1951年、東京生まれ。國學院大学文学部卒業。90年「夜の道行」で第12回小説推理新人賞を受賞し、選考委員から「第二の藤沢周平」と賞賛される。以後、時代小説を中心に活躍中。「入り婿侍商い帖」シリーズは、評論家の縄田一男氏から「著者の新たな頂点」と絶賛を受けた近年の代表作。2018年「おれは一万石」「長谷川平蔵人足寄場」シリーズで第7回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞
  • 著者について

    千野 隆司 (チノ タカシ)
    1951年、東京生まれ。國學院大学文学部卒業。90年、『夜の道行』で第12回小説推理新人賞を受賞し、選考委員から“第二の藤沢周平”と賞賛される。以後、時代小説を中心に活躍中。「入り婿侍」シリーズは、評論家の縄田一男氏から「著者の新たな頂点」と絶賛を受けた近年の代表作。他の主なシリーズに「おれは一万石」「出世侍」など。

新・入り婿侍商い帖―遠島の罠〈3〉(角川文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:千野 隆司(著)
発行年月日:2021/02/25
ISBN-10:4041094194
ISBN-13:9784041094198
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:261ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 新・入り婿侍商い帖―遠島の罠〈3〉(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!