タルタロスの目覚め〈上〉―シグマフォースシリーズ〈14〉(竹書房文庫) [文庫]
    • タルタロスの目覚め〈上〉―シグマフォースシリーズ〈14〉(竹書房文庫) [文庫]

    • ¥88027ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年1月21日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003377109

タルタロスの目覚め〈上〉―シグマフォースシリーズ〈14〉(竹書房文庫) [文庫]

価格:¥880(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年1月21日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2021/04/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

タルタロスの目覚め〈上〉―シグマフォースシリーズ〈14〉(竹書房文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    グリーンランドの氷河の下から九世紀のアラブのダウ船が見つかった。だが、謎のグループの襲撃を受け、調査チームは船内にあった機械仕掛けの地図を奪われ、海洋考古学者のエレナ・カーギルも拉致された。調査チームの一人が持ち帰った地図の付属品―アストロラーベを手がかりに、シグマフォースのグレイ・ピアース隊長たちはイタリアに赴く。そこで目にしたのは機械仕掛けの地図の複製で、その作者とされるのはレオナルド・ダ・ヴィンチ。一方、拉致されたエレナは、地図の謎の解明を要求される。地図はどこを指し示しているのか?鍵を握るのは、ホメロスの叙事詩『オデュッセイア』だった。英雄オデュッセウスの旅路の先にあったタルタロス―ギリシア神話の地獄には、恐ろしい秘密が隠されていた。
  • 出版社からのコメント

    アメリカ国防総省所属の秘密特殊部隊〈シグマフォース〉の活躍を描く歴史と科学を融合させたエンタテインメント最新作!
  • 内容紹介

    もしタルタロスを目覚めさせたのならば、
    それは最後の目覚めとなり、
    次の眠りは永遠のものになるであろう……

    ホメロスの叙事詩『オデュッセイア』は空想の産物なのか?
    それとも真実なのか?

    世界35カ国で翻訳、全世界累計2,000万部突破
    ベストセラー・シリーズ最新作!

    ■歴史的事実から──ホメロスによる二大叙事詩『イリアス』と『オデュッセイア』
     ホメロスが実在の人物なのかは疑問がある一方で、物語そのものは実際に起きた大きな戦争を記述したらしいという説は、今では受け入れられている。事実、二作の叙事詩は古代ギリシアの「暗黒時代」として知られ、ギリシアのミケーネ、アナトリアのヒッタイト、そしてエジプトという三つの青銅器文明が崩壊した激動の時代に光を当てている。なぜ、どのようにして、文明の崩壊が起きたのか? 最近の発見から、地中海一帯が立て続けに複数の争いに見舞われたことが明らかになった。戦いが広範囲に及んだことから、一部の歴史家はそれが初めての世界規模での大きな戦争に当たると主張、「第零次世界大戦」とまで呼んでいる。この暗黒時代の争いの多くは謎に包まれたままだが、今では考古学者の間から、この戦いに第四の文明が関与していたとの見解も示されている。その文明はほかの三つの文明を駆逐した後、歴史の流れの中に消えてしまったという。それが本当ならば、その失われた人々は何者なのか? ホメロスの物語はその文明の起源と行方について、手がかりを提供してくれるのか? ――神々や怪物たちの登場する物語のすべてがフィクションだとは限らない……。


    タルタロス――
    それはギリシア版の地獄であり、
    苦痛と苦難の奈落。
    そこはハデスの一角で、オリュンポスの十二神に先立つ巨神族の、
    タイタンが封じ込められていた場所。
    それらはすさまじい力を持つ神々で、炎と破壊の化身……。

    【上巻あらすじ】
    グリーンランドの氷河の下から九世紀のアラブのダウ船が見つかった。だが、謎のグループの襲撃を受け、調査チームは船内にあった機械仕掛けの地図を奪われ、海洋考古学者のエレナ・カーギルも拉致された。調査チームの一人が持ち帰った地図の付属品――アストロラーベを手がかりに、シグマフォースのグレイ・ピアース隊長たちはイタリアに赴く。そこで目にしたのは機械仕掛けの地図の複製で、その作者とされるのはレオナルド・ダ・ヴィンチ。一方、拉致されたエレナは、地図の謎の解明を要求される。地図はどこを指し示しているのか? 鍵を握るのは、ホメロスの叙事詩『オデュッセイア』だった。英雄オデュッセウスの旅路の先にあったタルタロス――ギリシア神話の地獄には、恐ろしい秘密が隠されていた。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ロリンズ,ジェームズ(ロリンズ,ジェームズ/Rollins,James)
    1961年イリノイ州生まれ。1990年代後半から作家としての活動を始め、2004年に発表した『ウバールの悪魔』に登場した「シグマフォース」を、2005年の『マギの聖骨』から本格的にシリーズ化。歴史的事実に基づきつつ、最新の研究成果や科学技術を取り入れて構成した緻密なストーリーには定評があり、アクションシーンの描写でもアメリカで一、二を争う作家との評価を得ている

    桑田 健(クワタ タケシ)
    1965年生まれ。東京外国語大学外国語学部英米語学科卒
  • 著者について

    ジェームズ・ロリンズ (ジェームズ ロリンズ)
    ジェームズ・ロリンズ
    James Rollins
    1961年イリノイ州生まれ。1990年代後半から作家としての活動を始め、2004年に発表した『ウバールの悪魔』に登場した「シグマフォース」を、2005年の『マギの聖骨』から本格的にシリーズ化。以後、『ナチの亡霊』『AIの魔女』などを経て、2021年8月にアメリカで刊行予定の ●Kingdom of Bones●〈*イタリック〉 に至るまで、シリーズは十五作(『ウバールの悪魔』も含めると十六作)を数える。歴史的事実に基づきつつ、最新の研究成果や科学技術を取り入れて構成した緻密なストーリーには定評があり、アクションシーンの描写でもアメリカで一、二を争う作家との評価を得ている。「シグマフォース・シリーズ」から派生した、元兵士のタッカー・ウェインと軍用犬ケインを主人公とする「タッカー&ケイン・シリーズ」(グランド・ブラックウッドとの共著)は、『黙示録の種子』『チューリングの遺産』の二作が刊行されている。

タルタロスの目覚め〈上〉―シグマフォースシリーズ〈14〉(竹書房文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:ジェームズ ロリンズ(著)/桑田 健(訳)
発行年月日:2021/04/29
ISBN-10:4801926207
ISBN-13:9784801926202
判型:文庫
発売社名:竹書房
対象:一般
発行形態:文庫
内容:外国文学小説
言語:日本語
ページ数:415ページ
縦:15cm
横:11cm
厚さ:2cm
重量:213g
その他: 原書名: THE SIGMA FORCE SERIES:The Last Odyssey〈Rollins,James〉
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 タルタロスの目覚め〈上〉―シグマフォースシリーズ〈14〉(竹書房文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!