サラ金の歴史―消費者金融と日本社会 [新書]
    • サラ金の歴史―消費者金融と日本社会 [新書]

    • ¥1,07833ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月13日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003379198

サラ金の歴史―消費者金融と日本社会 [新書]

  • 5.0
価格:¥1,078(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月13日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日: 2021/02/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

サラ金の歴史―消費者金融と日本社会 [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    個人への少額の融資を行ってきたサラ金や消費者金融は、多くのテレビCMや屋外看板で広く知られる。戦前の素人高利貸から質屋、団地金融などを経て変化した業界は、経済成長や金融技術の革新で躍進した。だが、バブル崩壊後、多重債務者や苛烈な取り立てによる社会問題化に追い詰められていく。本書は、この一世紀に及ぶ軌跡を追う。家計やジェンダーなど多様な視点から、知られざる日本経済史を描く意欲作。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 家計とジェンダーから見た金融史
    第1章 「素人高利貸」の時代―戦前期
    第2章 質屋・月賦から団地金融へ―一九五〇~六〇年代
    第3章 サラリーマン金融と「前向き」の資金需要―高度経済成長期
    第4章 低成長期と「後ろ向き」の資金需要―一九七〇~八〇年代
    第5章 サラ金で借りる人・働く人―サラ金パニックから冬の時代へ
    第6章 長期不況下での成長と挫折―バブル期~二〇一〇年代
    終章 「日本」が生んだサラ金
  • 出版社からのコメント

    サラ金・消費者金融を通して、日本経済史の知られざる一面を照らす試み。
  • 内容紹介

    利用したことはなくても、誰もが見聞きはしたサラ金や消費者金融。しかし、私たちが知る業態は、日本経済のうねりの中で大きく変化して現在の姿となったものだ。素人高利貸から団地金融、そしてサラ金、消費者金融へ……。好景気や金融技術の発展で躍進するも、バブル崩壊や社会問題化に翻弄されていった業態について、家計やジェンダーなど多様な視点から読み解き、日本経済の知られざる一面を照らす。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小島 庸平(コジマ ヨウヘイ)
    1982年東京都生まれ。東京大学大学院経済学研究科准教授。2011年、東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。博士(農学)。東京農業大学国際食料情報学部助教などを経て現職。著書に『大恐慌期における日本農村社会の再編成』(ナカニシヤ出版、2020年、日経・経済図書文化賞受賞)など
  • 著者について

    小島 庸平 (コジマヨウヘイ)
    小島庸平(こじま・ようへい)

    1982年東京生まれ.東京大学大学院経済学研究科准教授.2011年,東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了.博士(農学).東京農業大学国際食料情報学部助教などを経て現職.著書『大恐慌期における日本農村社会の再編成』(ナカニシヤ出版,2020年,日経・経済図書文化賞受賞)共著『昭和史講義2』(ちくま新書,2016年),『戦後日本の地域金融』(日本経済評論社,2019年)など.

サラ金の歴史―消費者金融と日本社会 [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:小島 庸平(著)
発行年月日:2021/02/25
ISBN-10:4121026349
ISBN-13:9784121026347
判型:新書
対象:教養
発行形態:新書
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:344ページ
縦:18cm
他の中央公論新社の書籍を探す

    中央公論新社 サラ金の歴史―消費者金融と日本社会 [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!