西欧における民事裁判の発達と展開―西欧大陸民事訴訟史概観 [単行本]
    • 西欧における民事裁判の発達と展開―西欧大陸民事訴訟史概観 [単行本]

    • ¥4,400132ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003380039

西欧における民事裁判の発達と展開―西欧大陸民事訴訟史概観 [単行本]

価格:¥4,400(税込)
ポイント:132ポイント(3%還元)(¥132相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2021/03/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

西欧における民事裁判の発達と展開―西欧大陸民事訴訟史概観 の 商品概要

  • 目次

    第1章 古代のゲルマン・ギリシア・ローマの訴訟
    第2章 ローマ法の民事訴訟──方式書訴訟時代以降
    第3章 ランゴバルド法・フランク法の訴訟と教会裁判権
    第4章 カノン法の民事訴訟
    第5章 中世ドイツの民事訴訟
    第6章 近代フランスの民事訴訟
    第7章 近代ドイツとオーストリアの民事訴訟
    第8章 おわりに
  • 内容紹介

    2018年1月に逝去された民事訴訟法学の泰斗・林屋礼二先生(元東北大学名誉教授)の未公表の遺稿。ヨーロッパにおける民事訴訟制度発達の歴史的側面と比較法的側面を詳細に紹介し,現在の日本民事訴訟法に連なる理論展開を深く分析する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    林屋 礼二(ハヤシヤ レイジ)
    昭和5年(1930年)12月東京生まれ。東北大学法学部卒業。学習院大学法学部教授を経て、東北大学法学部教授を定年退職。東北大学名誉教授。民事訴訟法専攻。平成30年(2018年)1月没

西欧における民事裁判の発達と展開―西欧大陸民事訴訟史概観 の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:林屋 礼二(著)
発行年月日:2021/02/20
ISBN-10:4641499640
ISBN-13:9784641499645
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:410ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 西欧における民事裁判の発達と展開―西欧大陸民事訴訟史概観 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!