私たちはどこにいるのか?政治としてのエピデミック [単行本]
    • 私たちはどこにいるのか?政治としてのエピデミック [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003383137

私たちはどこにいるのか?政治としてのエピデミック [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:青土社
販売開始日: 2021/02/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

私たちはどこにいるのか?政治としてのエピデミック の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    コロナ時代に書き記された、抵抗の書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    エピデミックの発明
    感染
    説明
    私たちはどこにいるのか?
    ペストに関する省察
    エピデミックは例外状態が規則となったことを示している
    社会的距離確保
    一つの問い
    剥き出しの生
    新たな省察をいくつか
    真と偽について
    宗教としての医学
    バイオセキュリティと政治
    ポレモス・エピデーミオス
    学生たちに捧げるレクイエム
    汚らわしい二つの用語
    法権利と生
    緊急状態と例外状態
    恐怖とは何か?
  • 出版社からのコメント

    コロナ時代に書き記された、抵抗の書。発表されるやいなや世界中に議論を巻き起こした、アガンベンによるコロナ時代の格闘の軌跡。
  • 内容紹介

    コロナ時代に書き記された、抵抗の書
    コロナ時代において、主権的権力はいかに〈例外状態〉を継続させようとしているのか。私たちにとっての自由や、安全の意味はいかなる変容を遂げているのか――。 発表されるやいなや世界中に議論を巻き起こした、アガンベンによるコロナ時代の格闘の軌跡。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    アガンベン,ジョルジョ(アガンベン,ジョルジョ/Agamben,Giorgio)
    1942年生まれ。美学・言語哲学から出発し、現在政治哲学を中心に著作を発表している

    高桑 和巳(タカクワ カズミ)
    1972年生まれ。慶應義塾大学理工学部教授。専門はイタリア・フランス現代思想

私たちはどこにいるのか?政治としてのエピデミック の商品スペック

商品仕様
出版社名:青土社
著者名:ジョルジョ アガンベン(著)/高桑 和巳(訳)
発行年月日:2021/03/03
ISBN-10:4791773616
ISBN-13:9784791773619
判型:B6
発売社名:青土社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:239ページ
縦:19cm
その他: 原書名: A che punto siamo?:L'epidemia come politica〈Agamben,Giorgio〉
他の青土社の書籍を探す

    青土社 私たちはどこにいるのか?政治としてのエピデミック [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!