歴史探偵 忘れ残りの記(文春新書) [新書]
    • 歴史探偵 忘れ残りの記(文春新書) [新書]

    • ¥93529ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年6月21日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003383455

歴史探偵 忘れ残りの記(文春新書) [新書]

  • 4.0
価格:¥935(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年6月21日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2021/02/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

歴史探偵 忘れ残りの記(文春新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    歴史のよもやま話から、ことばのウンチク、さらには、悪ガキ時代、新入社員時代の思い出といった自伝的作品まで。歴史に遊び、悠々と時代を歩んだ半藤さんが遺したエッセイ集。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 昭和史おぼえ書き
    第2章 悠々閑々たる文豪たち
    第3章 うるわしの春夏秋冬
    第4章 愛すべき小動物諸君
    第5章 下町の悪ガキの船出
    第6章 わが銀座おぼろげ史
  • 出版社からのコメント

    これまで書籍に収録されていなかったエッセイをテーマ別に収録。昭和史、文豪、動物、少年時代や古き良き銀座の思い出まで。
  • 内容紹介

    歴史のよもやま話から悪ガキ時代を描く自伝的エッセイまで。

    昭和史最良の語り部
    半藤さんの遺した「人生の愉しみ方」



    第一章 昭和史おぼえ書き
    第二章 悠々閑々たる文豪たち
    第三章 うるわしの春夏秋冬
    第四章 愛すべき小動物諸君
    第五章 下町の悪ガキの船出
    第六章 わが銀座おぼろげ史
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    半藤 一利(ハンドウ カズトシ)
    1930年生まれ。作家。文藝春秋に入社し、『週刊文春』『文藝春秋』などの編集長を歴任。昭和史研究の第一人者として知られる。2021年1月逝去。著書多数

歴史探偵 忘れ残りの記(文春新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:半藤 一利(著)
発行年月日:2021/02/20
ISBN-10:4166612999
ISBN-13:9784166612994
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:268ページ
縦:18cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 歴史探偵 忘れ残りの記(文春新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!