アートのための数学 第2版 [単行本]
    • アートのための数学 第2版 [単行本]

    • ¥2,53076ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月23日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003386714

アートのための数学 第2版 [単行本]

価格:¥2,530(税込)
ポイント:76ポイント(3%還元)(¥76相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月23日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:オーム社
販売開始日: 2021/03/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

アートのための数学 第2版 [単行本] の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    明るさを知るための数学
    カメラを知るための数学
    光と音を知るための数学
    美しい音の仕組みを知るための数学
    赤緑青の3色を混ぜるとどうして白になるのか―人間の目と色彩
    音階の決定法と倍々ゲーム
    臨機応変な人間の感覚と対数
    0と1ですべての数字をあらわす―デジタルな画像と色と音
    ベジエ曲線を使いこなす
    写真加工とトーンカーブ
    3次元の数学
    グラフとプログラミングでアニメーション
    運動の法則とアニメーション
    シンメトリーの世界
    黄金比と白銀比
  • 出版社からのコメント

    アートの世界で重要な役割を果たす、光・音・色・形・動きの基本がわかるテキストの改訂版。今回は現代的な内容にアップデートした。
  • 内容紹介

    アートの世界で重要な役割を果たす、光・音・色・形・動きの基本がわかるテキスト、待望の改訂!
    本書は、「ド・ミ・ソの和音が美しく聞こえるのはなぜ?」、「光の三原色を混ぜると白になるのはなぜ?」、「ミロのビーナス像や雪の結晶を美しく感じるのはなぜ?」のような、人の感覚に訴えるアートの「なぜ?」を、簡単な数式と豊富な図を使って解き明かします。
    アートの基本をなす光・音・色・形・動きといった知識をすっきり理解するには、数学が必要になります。本書は、難しい数学を用いることなく高校レベルからやさしく解説しており、数学が苦手でもアートを通して数学を楽しめる内容としました。
    さらに、カメラによる撮影、画像編集、2Dイラストや3DCGの制作といった基本的な技術のベースにある数学も、わかりやすく解説します。

    今回の改訂では、数学に関する記述を一段とわかりやすくしたほか、CG制作のプログラミング言語としてProcessingを扱うなど現代的な内容にアップデートしました。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    牟田 淳(ムタ アツシ)
    1968年生まれ。東京大学理学部物理学科卒業。同大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了、博士(理学)。現在、東京工芸大学芸術学部基礎教育課程教授。芸術学部に所属する理学系教員として、同大学でアートと数学、サイエンスの融合に関わる研究をしている

アートのための数学 第2版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:オーム社
著者名:牟田 淳(著)
発行年月日:2021/03/05
ISBN-10:4274226743
ISBN-13:9784274226748
判型:A5
発売社名:オーム社
対象:専門
発行形態:単行本
内容:数学
言語:日本語
ページ数:256ページ
縦:21cm
他のオーム社の書籍を探す

    オーム社 アートのための数学 第2版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!