営業を変えるマーケティング組織のつくりかた―アナログ営業からデジタルマーケティングへ変革する [単行本]
    • 営業を変えるマーケティング組織のつくりかた―アナログ営業からデジタルマーケティングへ変革する [単行本]

    • ¥2,06863ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2023年2月6日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003387692

営業を変えるマーケティング組織のつくりかた―アナログ営業からデジタルマーケティングへ変革する [単行本]

価格:¥2,068(税込)
ポイント:63ポイント(3%還元)(¥63相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2023年2月6日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日: 2021/03/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

営業を変えるマーケティング組織のつくりかた―アナログ営業からデジタルマーケティングへ変革する の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    対面営業のGGD神話が崩壊する中、デジタル時代に対応する仕組みを作るには?過去13年間に渡り、大手200事業体を超えるマーケティング戦略プロジェクトを指南してきた実体験や知見を「マーケティング組織5世代モデル」として体系化。DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、マーケティング機能の強化そのもの。営業部内に「マーケティング課」を作っただけで改革は進まない。
  • 目次

    ■■はじめに


    ■■序章 昭和型の営業、その先へ
    ■マーケティングの定義は“迷宮入りした未解決事件”?
    ■マーケティングとは、事業戦略を組み立てて実行する考え方や仕組みのこと
    ■成果を出すまでの道筋を考えるためにマーケ脳が必要
    ■昭和型の営業価値観を早く捨てよう
    ■オンライン化で営業の在り方自体が問われている
    ■必要とされるのはデジタルマーケターではなくビジネスマーケター
    ■営業組織体制の6つの型と抱える課題
    ■マーケティング組織の5つの世代と傾向



    ■■1章 第1世代/分散型 ~マーケティング機能が社内の各組織に分散している
    ■活動を顧客視点のプロセスとしてつなげて見る文化がない
    ■コラム 社内決裁や稟議フローを理解しないままペルソナ設定をしても“絵に描いた餅”になりかねない
    ■点だけ最適化しても最大効果は得られない
    ■マーケティング活動や無形資産を棚卸する
    ■マーケティングという言葉や役割を明文化する
    ■デジタルマーケティングについて定義し、事業部や社内メンバーが腹落ちするまで説明する
    ■コラム デジタルマーケティングによって営業の動き方はどう変わるか
    ■各社はどこに組織を設置しているのか



    ■■2章 第2世代/機能集約型 ~マーケティング機能が集約されているが評価指標が売上や受注にはひもづいていない
    ■高機能なツールを導入しても、使いこなせずに高い利用料を払うことに
    ■マーケティング方針や優先順位など戦略性を持つ
    ■マーケティング&セールスプロセスを定義する
    ■第2世代のインサイドセールス(IS)は失敗する



    ■■3章 第3世代/ファネル型 ~マーケティング戦略があり、活動の貢献度が把握できている
    ■リードは獲得できても、関係醸成の方法がわからない
    ■「事業全体から見るとどの程度の貢献度か?」という視点で評価する
    ■営業との連携方法を議論し、ルール化する
    ■営業生産性から逆計算する
    ■行動履歴すら残らない企業で、MAツールのスコアリング機能を使っても意味がない
    ■インサイドセールスの役割範囲を明確にする
    ■顧客の購買プロセスを意識してキラーコンテンツを作る
    ■コラム コンテンツ制作の3つの注意点
    ■デジマ×インサイドセールス(IS)組織の型
    ■BtoBの年間マーケ予算は売上の何%か
    ■マーケティング戦略を役員会で説明し理解を得る
    ■コラム ある企業の役員会



    ■■4章 第4世代/ダブルファネル型 ~新規案件の創出、既存深堀・深耕のためにデジタル接点を活用できている
    ■複数商材を持つ企業において、特定企業との取引額をいかに最大化するか
    ■日本の営業スタイルはすでにABM
    ■コラム ABMの成り立ち
    ■デジタル接点を活用したマーケティングの3つの種類
    ■既存取引先の新規部門への横展開
    ■重点パートナーとの取引拡大
    ■ABMシステム実装で躓く4つのポイント



    ■■5章 第5世代/サイクル型 ~顧客を軸として接点・接触サイクルとして施策の影響範囲が見えている
    ■顧客をキーにすべての活動を集約する
    ■DXの一環? 迷走する企業
    ■部門の主導権争いしているうちは5世代ではない
    ■マーケティング脳を持つ人材をDXの議論に入れる
    ■“DX推進しているふり部”になっていないか?
    ■組織を再編成する
    ■販売チャネルとパートナー(PRM)を見直す
    ■予測マーケティングのAI化に取り組む
    ■IoTデータをマーケティングに利用する
    ■マーケ&営業の7つの未来予想



    ■■おわりに
    ■早く新しい取り組みに挑戦しないと、淘汰される時は一瞬
    ■限られたリソースで成果を最大化させるには
  • 内容紹介

    ★昭和型のKKD(勘、経験、度胸)セールスからデジタルを活用したマーケティング型組織へと変革するステップを集大成

    対面営業の神話が崩壊する中、オンライン・デジタル中心のマーケティング&セールスプロセスを構築するにはどうすればいいか。

    デジタルマーケティングの第一人者が、過去13年間に渡り、中堅~大手200事業体を超えるマーケティング戦略プロジェクトの生の現場を通じて、「マーケティング組織5世代モデル(R)」を体系化。

    「足で稼ぐ」「案件を嗅ぎ分ける」「地を這ってでも売上を積む」という従来型の営業手法を脱却するための必読書。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    上島 千鶴(カミジマ チズル)
    株式会社Nexal代表取締役。法人営業デジタル化協会代表理事。すべてのタッチポイントやチャネルを顧客基点に再設計する耐久消費財BtoCビジネスや、事業戦略からマーケティングを定義し、組織成長を後押しするBtoBビジネスコンサルティングに従事。実績は大手中心に200事業体を超える。NIKKEI BtoBマーケティングアワード審査員。コールセンタージャパン主催コンタクトセンター・アワード審査員
  • 著者について

    上島 千鶴 (カミジマ チヅル)
    上島千鶴(かみじま ちづる)株式会社Nexal代表取締役。法人営業デジタル化協会 代表理事。すべてのタッチポイントやチャネルを顧客基点に再設計する耐久消費財BtoCビジネスや、事業戦略からマーケティングを定義し、組織成長を後押しするBtoBビジネスコンサルティングに従事。実績は大手中心に200事業体を超える。・NIKKEI BtoBマーケティングアワード 審査員・コールセンタージャパン主催 コンタクトセンター・アワード 審査員【著書】『リードビジネス“打ち手”大全』2018年 インプレス『マーケティングのKPI 「売れる仕組み」の新評価軸』2016年 日経BP『Web来訪者を顧客に育てるリードナーチャリング』2009年 日経BPコンサルティング『ネットで売上を増やす! アクセス解析徹底活用術』2008年 毎日コミュニケーションズ

営業を変えるマーケティング組織のつくりかた―アナログ営業からデジタルマーケティングへ変革する の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:上島 千鶴(著)
発行年月日:2021/04/09
ISBN-10:4297119463
ISBN-13:9784297119461
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:222ページ
縦:19cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 営業を変えるマーケティング組織のつくりかた―アナログ営業からデジタルマーケティングへ変革する [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!