仮説構築の論理 [単行本]
    • 仮説構築の論理 [単行本]

    • ¥2,30069ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年10月5日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003387936

仮説構築の論理 [単行本]

価格:¥2,300(税込)
ポイント:69ポイント(3%還元)(¥69相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年10月5日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:白桃書房
販売開始日: 2021/03/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

仮説構築の論理 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人間の思考はいかにして飛躍に到達するのか?アブダクションにもふれながら、そのプロセスに迫る!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 仮説とは何か(仮説とは何か;仮説構築の論理)
    第2章 ベーコンと新しい帰納法(ベーコン哲学に対する一般的評価;ベーコンの科学的方法論 ほか)
    第3章 消去による帰納法(ゼンメルワイスの探求;消去による帰納法 ほか)
    第4章 パースと科学の方法(パースと科学の方法;パースの論理学)
    第5章 アブダクションの論理(アブダクションという推論のもつ特徴;アブダクションの推論形式 ほか)
  • 内容紹介

    人間の思考はいかにして飛躍に到達するのか?
    アブダクションにもふれながらそのプロセスに迫る!

    近年、社会科学では研究や調査の方法論に関する著作が相次ぎ、ロングセラーとなっている。研究のタコ壺化への反動、あるいは学際化により、ロジックの展開の方法を改めて幅広く把握する必要があるからのようである。

    本書は科学的方法論のうち、「仮説構築」という科学的な活動の中でも特に重要なものを取り上げる。それは、「仮説構築がもっとも神秘に満ち溢れているからである」と著者は言う。すなわち、仮説は必ず飛躍を含むが、「それが人間がごく当たり前に持つ思考の流れ」がどのようにしてそのような飛躍に到達するのかが俄には分からないからである。

    本書はこれまでの、仮説をめぐる科学的方法論の発展の歴史を丁寧にたどりながら、科学的な仮説が生み出されるプロセスを論理学的な側面から議論する。

    これまであまり論じられることのなかった、仮説とは何かを明らかにし、また、仮説が立てられる過程をロジカルに解明することで、より科学的かつ独創的な仮説構築のヒントが得られる。 研究に携わる方の間で広く参考になる本となろう。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    赤川 元昭(アカガワ モトアキ)
    1994年慶応義塾大学大学院経営管理研究科博士課程単位取得。1997年経営学博士。現在、流通科学大学商学部教授

仮説構築の論理 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:白桃書房
著者名:赤川 元昭(著)
発行年月日:2021/02/26
ISBN-10:456186055X
ISBN-13:9784561860556
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:140ページ
縦:22cm
他の白桃書房の書籍を探す

    白桃書房 仮説構築の論理 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!