未来探究2050―東大30人の知性が読み解く世界 [単行本]
    • 未来探究2050―東大30人の知性が読み解く世界 [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年12月5日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
未来探究2050―東大30人の知性が読み解く世界 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003388492

未来探究2050―東大30人の知性が読み解く世界 [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年12月5日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日: 2021/03/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

未来探究2050―東大30人の知性が読み解く世界 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    経済学、脳科学、素粒子物理学から、西洋美術史、仏教学まで、選りすぐりの先生たちが、ユニークな研究内容、真理の探究の進展、研究手法のイノベーション、社会へのインパクト、異分野間のコラボレーションについてわかりやすく語り、未来像を描きます。
  • 目次

    第1部 なぜ未来を学問するのか――本書へのアプローチ

    第2部 東大教授30人による未来像
    【脳神経科学】まだ見ぬ「脳のフロンティア」を開拓したい――池谷裕二
    【火山物理学】地球のダイナミクスの解明と、火山との共生――市原美恵
    【国際精神保健・人権政策】一人ひとりの「違い」こそ、人間と社会の価値――井筒節
    【中国経済】変わり続ける「中国」と向き合い、実像を発信――伊藤亜聖
    【再生医学】私たちの身体の成り立ちを観て、識って、操る――伊藤暢
    【生物化学】ロドプシンが拓くタンパク質科学の地平――井上圭一
    【可積分系】今までの数学では解けない世界を切拓く――ラルフ・ウィロックス
    【素粒子物理学】超弦理論で世界の基本法則を解き明かす――大栗博司
    【放射線生物学】生命は複雑なシステム メダカが教えてくれた見方――尾田正二
    【ウイルス学】ウイルス感染症を制圧することは可能か――河岡義裕
    【情報ネットワーク】「人を幸せにするユビキタス」とは何か――川原圭博
    【データ工学】社会をデータ駆動に変えるデータ工学――喜連川優
    【当事者研究】誰もがそれぞれの困難を抱えた「当事者」――熊谷晋一郎
    【憲法学】情報通信が変えゆく社会の課題を腑分けする――宍戸常寿
    【社会学】本当に社会的格差は減少しているのか――白波瀬佐和子
    【開発経済学】途上国の貧困問題が全て無くなる、その日まで――高崎善人
    【気象学】地球規模の雨や雲のメカニズムを解明――高薮縁
    【農業経済学】食欲が満たされた人類、食は「倫理的消費」へ――中嶋康博
    【ロボット研究】ロボットの概念を変えるソフトロボティクス――新山龍馬
    【公衆衛生学】「健康づくり」は人と社会の接点 科学的なアプローチ――橋本英樹
    【仏教学】温故知新、未来社会で蘇る仏教的思考――馬場紀寿
    【ジャーナリズム研究】ジャーナリズムのあり方の研究を通じて社会貢献――林香里
    【素粒子物理学】素粒子実験で宇宙の成り立ちを解明――早戸良成
    【環境倫理学】人新世の食のカタチ・生きもののカタチ――福永真弓
    【リスク研究】リスクと未来の社会――ヘン・イークァン
    【神経科学】幼少期に開閉する「脳の窓」を解明――ヘンシュ貴雄
    【日本史】日本の中世史から見えてくる人間の歴史の行方――本郷和人
    【教育社会学】望ましい姿と現実の境目に立って警鐘を鳴らす――本田由紀
    【美術史】日本人の目と感性で捉える西洋近代美術――三浦篤
    【計算化学】見えない電子や原子の世界を可視化――エリック・ローツステッド

    第3部 未来像の整理
    1 30の未来像から見えること
    2 【対談】インクルーシブ・グロースの時代――大学が社会変革を駆動する
     五神真×藤原帰一
  • 出版社からのコメント

    宇宙・生命の真理はどこまで解明される?東大の文理あらゆる分野で独創的な研究者30人が2050年の科学技術と世界を読み解く。
  • 内容紹介

    ◆「宇宙・生命の真理はどこまで解明される?」「私たちの生活はどう変わる?」――東京大学の独創的な研究者30人が2050年の世界を読み解きます。文理様々な分野の最先端の世界にふれることができる、はじめての本です。

    ◆「研究の最終到達点はどこか?」「2030年、2050年にはどうなっているか?」「未来社会にどのようなインパクトを与えるか?」経済学、脳科学、素粒子物理学から、西洋美術史、仏教学まで研究者たちが共通質問に答えていきます。真理の探究の進展、社会へのインパクト、異分野間のコラボレーションについて語り、未来像を描きます。

    ◆五神真・東大総長と藤原帰一・東大未来ビジョン研究センター長の対談を収録。
  • 著者について

    東京大学未来ビジョン研究センター (トウキョウダイガクミライビジョンケンキュウセンター)
    2019年4月に東京大学の政策ビジョン研究センターとサステイナビリティ学連携研究機構が組織統合して発足。センター長は藤原帰一教授。

未来探究2050―東大30人の知性が読み解く世界 の商品スペック

商品仕様
出版社名:日経BP/日本経済新聞出版本部
著者名:東京大学未来ビジョン研究センター(編)
発行年月日:2021/03/18
ISBN-10:4532358787
ISBN-13:9784532358785
判型:A5
発売社名:日経BPマーケティング
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:355ページ
縦:21cm
他の日本経済新聞社の書籍を探す

    日本経済新聞社 未来探究2050―東大30人の知性が読み解く世界 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!