有機スペクトル解析入門(有機化学スタンダード) [単行本]

販売休止中です

    • 有機スペクトル解析入門(有機化学スタンダード) [単行本]

    • ¥3,740113ポイント(3%還元)
有機スペクトル解析入門(有機化学スタンダード) [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003391911

有機スペクトル解析入門(有機化学スタンダード) [単行本]

価格:¥3,740(税込)
ポイント:113ポイント(3%還元)(¥113相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:裳華房
販売開始日: 2021/03/31
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

有機スペクトル解析入門(有機化学スタンダード) [単行本] の 商品概要

  • 目次

    1.スペクトル分析の基礎
     1.1 化学分析と機器分析
     1.2 光とスペクトル
     1.3 電磁波のエネルギー
     1.4 分子のエネルギーと電磁波との相互作用
     1.5 連続波法とFT法
     演習問題

    2.紫外-可視スペクトルと電子遷移
     2.1 スペクトルの表記と分光器のしくみ
     2.2 分子の電子構造
     2.3 電子遷移
     2.4 モル吸光係数と吸光度
     2.5 振動子強度
     2.6 振動構造
     演習問題

    3.紫外-可視スペクトルの解釈
     3.1 発色団と共役
     3.2 共役ポリエンの ππ∗ 遷移
     3.3 溶媒効果
     3.4 芳香環
     3.5 立体効果と紫外-可視スペクトル
     3.6 電荷移動吸収
     3.7 平衡系の紫外-可視スペクトル
     演習問題

    4.赤外スペクトルと分子振動
     4.1 赤外スペクトルの表記
     4.2 赤外スペクトルの測定
     4.3 フーリエ変換型赤外分光器
     4.4 振動エネルギー
     4.5 基準振動
     4.6 赤外線吸収強度
     4.7 力の定数と換算質量
     4.8 結合音と倍音
     演習問題

    5.赤外スペクトルと特性吸収
     5.1 吸収の帰属
     5.2 高波数領域(4000~2000 cm-1)
     5.3 中波数領域(2000~1500 cm-1)
     5.4 カルボニル基の吸収
     5.5 低波数領域(1500 cm-1以下)
     5.6 赤外スペクトルと立体異性体
     演習問題

    6.核磁気共鳴スペクトルの基礎
     6.1 原子核の磁気的性質
     6.2 磁場の中の磁気モーメント
     6.3 共鳴周波数の磁場強度依存性
     6.4 化学シフト
     6.5 FT-NMR測定の概要
     6.6 NMRスペクトルの記録
     6.7 NMR試料の調製
     演習問題

    7.パルスFT- NMR
     7.1 磁気モーメントのベクトル表示と歳差運動
     7.2 回転磁場
     7.3 回転座標
     7.4 緩和
     7.5 パルス
     7.6 オフレゾナンス
     演習問題

    8.化学シフト
     8.1 化学的に等価な核
     8.2 電気陰性度と化学シフト
     8.3 磁気異方性効果
     8.4 二重結合の磁気異方性
     8.5 環電流効果
     8.6 共鳴の効果
     8.7 化学シフトのまとめ
     演習問題

    9.スピン-スピン結合
     9.1 スピン-スピン相互作用
     9.2 化学的に等価な複数の核とのスピン結合
     9.3 化学的に非等価な複数の核とのカップリング
     9.4 スピンカップリング定数と分子構造
     9.5 遠隔スピン結合
     9.6 化学シフトが近いH同士のカップリング
     9.7 磁気的非等価なスピン系
     9.8 他核とのカップリング
     9.9 デカップリング
     演習問題

    10.1H-NMR測定法の広がり
     10.1 COSYスペクトル
     10.2 二次元1H-NMRスペクトルの測定
     10.3 核オーバーハウザー効果
     10.4 NOESYスペクトル
     10.5 NMRと動的効果
     10.6 動的NMRによる分子の動的挙動の観測例
     演習問題

    11.13C-NMR
     11.1 13C核と13C-NMRの特徴
     11.2 13C-NMRの化学シフト
     11.3 分極移動による測定
     11.4 二次元NMR
     演習問題

    12.マススペクトルと気相イオン
     12.1 マススペクトル
     12.2 分子イオンとフラグメンテーション
     12.3 イオン化
     12.4 検出部
     演習問題

    13.マススペクトルの解釈
     13.1 同位体
     13.2 低分解能マススペクトルと高分解能マススペクトル
     13.3 同位体ピーク
     13.4 分子式の決定
     13.5 z の決定
     13.6 フラグメンテーション
     演習問題

    14.スペクトルによる構造決定
     14.1 各スペクトルの特徴
     14.2 様々な構造決定問題
     14.3 分子構造の決定

    演習問題解答
  • 内容紹介

     有機化学分野で広く利用される、UV-vis、IR、1H-NMR、13C-NMRの各スペクトルおよびマススペクトルについて解説した。これらの各スペクトルから得られる情報を統合し、構造決定できる能力を養える。
     単なるスペクトルの解釈にとどまることなく、豊富な図を用いてその物理的背景から懇切丁寧にわかりやすく解説しているので、構造解析に行き詰まったときに自ら打開する力が身につくであろう。また、最終章の総合問題は、実践的な演習ができるだけでなく、豊富な解説が付されているため、「手引書」としても活用できる。初学者が有機スペクトル解析を学ぶためにきわめて適した入門書である。
  • 著者について

    小林 啓二 (コバヤシ ケイジ)
    東京大学名誉教授、理学博士。1941年 兵庫県生まれ。東京大学理学部卒業。東京大学助手・助教授・教授、城西大学教授などを歴任。専門分野は構造有機化学。

    木原 伸浩 (キハラ ノブヒロ)
    神奈川大学教授、博士(工学)。1963年 宮城県生まれ。東京大学工学部卒業、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程中途退学。東京工業大学助手、大阪府立大学講師・助教授などを経て現職。専門分野は有機化学、高分子化学。

有機スペクトル解析入門(有機化学スタンダード) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:小林 啓二(著)/木原 伸浩(著)
発行年月日:2021/03
ISBN-10:4785334266
ISBN-13:9784785334260
判型:B5
発売社名:裳華房
対象:専門
発行形態:単行本
内容:化学
言語:日本語
ページ数:240ページ
縦:26cm
横:18cm
厚さ:1cm
重量:536g
他の裳華房の書籍を探す

    裳華房 有機スペクトル解析入門(有機化学スタンダード) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!