国策会社の経営史―台湾拓殖から見る日本の植民地経営 [単行本]
    • 国策会社の経営史―台湾拓殖から見る日本の植民地経営 [単行本]

    • ¥8,140245ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003392474

国策会社の経営史―台湾拓殖から見る日本の植民地経営 [単行本]

価格:¥8,140(税込)
ポイント:245ポイント(3%還元)(¥245相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日: 2021/03/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

国策会社の経営史―台湾拓殖から見る日本の植民地経営 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    従来の国策会社の研究では、国策の形成・遂行過程における軍部や政府等の利害の角逐に重きがおかれ、株式会社という組織形態がもつ意味については等閑視されてきた。本書は、典型的な国策会社「台湾拓殖」の設立や資金調達、経営実態等にかんする経済・経営史的分析を通し、国策会社の本質と日本の植民地経営の特質を描き出す。
  • 目次

    序 章 分析対象としての台湾拓殖……………湊 照宏・齊藤 直・谷ヶ城秀吉
    1 本書の課題と位置づけ
    2 国策会社のあり方を問う今日的意味
    3 分析対象としての台拓
    4 研究史の整理と本書の課題

    第1章 国策会社の概念規定と分析視角--国策会社の本質は何か……………齊藤 直
    1 はじめに
    2 先行研究の批判的検討
    3 国策会社の概念規定
    4 国策会社の分析視角
    5 おわりに

    第2章 設立経緯と政府--何が期待され,どのように制度設計がなされたか……………谷ヶ城秀吉
    1 はじめに
    2 プロトモデルの提起と継承
    3 台拓の設立と台湾総督府
    4 おわりに

    第3章 事業展開と金融構造の概観--どこから資金を調達し,何に使ったのか……………湊 照宏
    1 はじめに
    2 事業内容
    3 資金調達
    4 収益性
    5 おわりに

    第4章 株式による資金調達と株式市場--国策会社の資金調達は容易であったのか……………齊藤 直
    1 はじめに
    2 設立時における制度設計と株式割当
    3 台拓株主と株価の動向--概観
    4 株主行動の分析
    5 法人株主の動向
    6 台拓の対応
    7 おわりに

    第5章 社債発行と金融機関・政府--金融機関・政府は協力的であったのか……………齊藤 直
    1 はじめに
    2 台拓の社債発行
    3 1937年度における予備交渉と挫折
    4 1938年9月における交渉
    5 1938年11月以降における交渉と社債発行の決定
    6 おわりに

    第6章 国策性事業の展開(1)--いかに低収益であったのか……………湊 照宏
    1 はじめに
    2 増資前の各事業「利益率」
    3 台拓の仏印事業
    4 仏印事業の収益性
    5 隠された低収益と負担の分散
    6 おわりに

    第7章 国策性事業の展開(2)--「国益」と「私益」をどのように両立させようとしたのか……………谷ヶ城秀吉
    1 はじめに
    2 台拓の華南占領地計画
    3 華南占領地経営の展開と後退
    4 海南島事業の展開と補助金
    5 おわりに

    第8章 政府出資と補助金--低収益はどのように補われたのか……………谷ヶ城秀吉
    1 はじめに
    2 台拓設立時における収支計画と実績
    3 台拓の社有地経営と収益性
    4 台拓と国庫補助金
    5 おわりに

    第9章 内部資本市場としての国策会社--どのような機能を果たしたのか……………湊 照宏
    1 はじめに
    2 内部資本市場の形成
    3 増資前における「投資及事業益」
    4 内部資本市場の変容
    5 増資後における「投資及事業益」
    6 おわりに

    終 章 台湾拓殖から見る日本の植民地経営……………湊 照宏・齊藤 直・谷ヶ城秀吉
    1 終戦と台拓の終焉
    2 総括
    3 結語--国策会社の本質と戦後への遺産


    参考文献
    あとがき
    索 引
  • 出版社からのコメント

    典型的国策会社「台湾拓殖」の経営史的分析を通し、国策会社の本質と日本の植民地経営の特質を描き出す。
  • 内容紹介

    従来の国策会社の研究では、国策の形成・遂行過程における軍部や政府等の利害の角逐に重きがおかれ、株式会社という組織形態がもつ意味については等閑視されてきた。本書は、典型的な国策会社「台湾拓殖」の設立や資金調達、経営実態等にかんする経済・経営史的分析を通し、国策会社の本質と日本の植民地経営の特質を描き出す。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    湊 照宏(ミナト テルヒロ)
    1974年広島県生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。現在、立教大学経済学部教授。台湾経済史・産業史

    齊藤 直(サイトウ ナオ)
    1974年愛知県生まれ。早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程修了。博士(商学)。現在、フェリス女学院大学国際交流学部教授。日本経営史・金融史

    谷ヶ城 秀吉(ヤガシロ ヒデヨシ)
    1975年福島県生まれ。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士後期課程修了。博士(学術)。現在、専修大学経済学部教授。日本経済史、アジア経済史

国策会社の経営史―台湾拓殖から見る日本の植民地経営 の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:湊 照宏(著)/齊藤 直(著)/谷ヶ城 秀吉(著)
発行年月日:2021/03/17
ISBN-10:4000229761
ISBN-13:9784000229760
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:280ページ
縦:22cm
横:15cm
厚さ:2cm
重量:502g
他の岩波書店の書籍を探す

    岩波書店 国策会社の経営史―台湾拓殖から見る日本の植民地経営 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!