プロデュースされた"被爆者"たち―表象空間におけるヒロシマ・ナガサキ [単行本]
    • プロデュースされた"被爆者"たち―表象空間におけるヒロシマ・ナガサキ [単行本]

    • ¥4,840146ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年8月3日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
プロデュースされた"被爆者"たち―表象空間におけるヒロシマ・ナガサキ [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003392523

プロデュースされた"被爆者"たち―表象空間におけるヒロシマ・ナガサキ [単行本]

価格:¥4,840(税込)
ポイント:146ポイント(3%還元)(¥146相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年8月3日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日: 2021/03/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

プロデュースされた"被爆者"たち―表象空間におけるヒロシマ・ナガサキ の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    原爆、そして被爆者のイメージは、どのようにつくりあげられてきたのか。「原爆映画」が誕生する敗戦直後から二〇〇〇年代にいたるまでの国内外の映像・文学作品を取り上げ、植民地主義、検閲、人種・民族とジェンダー、トラウマなど、様々な視点から解き明かす。国境や学問領域を超え、ヒロシマ・ナガサキに関する日米の「知の生産」のプロセスに迫った画期的研究。
  • 目次

    序 章 広島・長崎と表象の政治

    第1章 ドキュメンタリーとしての『ヒロシマ・モナムール』--語られなかった「幻の映画」をめぐって
    第2章 亀井文夫と一九五〇年代の初期原爆映画--被爆者をどう描くか
    第3章 視られる者から視る者へ--「原爆一号」吉川清が問いかけたもの
    第4章 日仏合作と核大国アメリカの影--『ヒロシマ・モナムール』における占領の記憶
    第5章 林京子の被爆者「以上」の文学--一人きりのディアスポラ

    あとがき
    主な参考文献
  • 出版社からのコメント

    その声は、なぜ無視されたか。『ヒロシマ・モナムール』を中心に、初期の原爆表象に新たな光を当てる。
  • 内容紹介

    原爆、そして被爆者のイメージは、どのようにつくりあげられてきたのか。「原爆映画」が誕生する敗戦直後から二〇〇〇年代に至る国内外の映像・文学作品を取り上げ、植民地主義、検閲、人種・民族とジェンダーなど、様々な視点から解き明かす。国境や学問領域を超え、広島・長崎を巡る日米の「知の生産」過程に迫った画期的研究。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    柴田 優呼(シバタ ユウコ)
    明治学院大学国際平和研究所研究員、アカデミック・ジャーナリスト。アメリカ、ニュージーランド、オーストラリア、日本の大学教員を歴任。コーネル大学Ph.D.

プロデュースされた"被爆者"たち―表象空間におけるヒロシマ・ナガサキ の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:柴田 優呼(著)
発行年月日:2021/03/16
ISBN-10:4000614584
ISBN-13:9784000614580
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:261ページ ※233,28P
縦:22cm
横:15cm
厚さ:2cm
重量:486g
他の岩波書店の書籍を探す

    岩波書店 プロデュースされた"被爆者"たち―表象空間におけるヒロシマ・ナガサキ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!