気候を操作する―温暖化対策の危険な「最終手段」 [単行本]
    • 気候を操作する―温暖化対策の危険な「最終手段」 [単行本]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月25日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003395220

気候を操作する―温暖化対策の危険な「最終手段」 [単行本]

価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月25日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2021/03/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

気候を操作する―温暖化対策の危険な「最終手段」 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    進む温暖化。止まらない気候変動。温室効果ガス排出量ゼロなど対策を打ち出す各国だが、最新の研究が示すのは「これらの対策では、温暖化は止まらない」という事実だ。そんな中、欧米を中心に注目を集めている最新技術、それが気候工学(Geoengineering)である。「大気中からCO2を直接回収する」「成層圏に微粒子を撒いて太陽光を遮る」など、温暖化対策の「最終手段」の概要・効果・危険性について、日本の第一人者が解説する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 深刻化する気候変動
    第2章 不十分な対策と気候工学の必要性
    第3章 気候工学とは何か―分類と歴史
    第4章 CO2除去(CDR)
    第5章 地域的介入
    第6章 放射改変(SRM)
    第7章 放射改変の研究開発―屋外実験と技術
    第8章 ガバナンス
    第9章 人々は気候工学についてどう思うか
    第10章 日本の役割
  • 出版社からのコメント

    省エネでは、間に合わない。世界で話題沸騰、温暖化対策の最前線を紹介!
  • 内容紹介

    大気中のCO2を直接回収、成層圏に微粒子を撒いて太陽光を遮る……最先端の温暖化対策は、「人類が気候を操る」レベルまで達している。世界で話題沸騰の技術の概要・効果・危険性について、日本の第一人者が解説。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    杉山 昌広(スギヤマ マサヒロ)
    1978年、埼玉県生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科卒業。マサチューセッツ工科大学にて、Ph.D.(気候科学)・修士号(技術と政策)を取得後、東京大学サステイナビリティ学連携研究機構特任研究員、一般財団法人電力中央研究所社会経済研究所主任研究員等を経て、東京大学未来ビジョン研究センター准教授。専門は気候政策(モデルによるシナリオ分析)、ジオエンジニアリングのガバナンス(公衆関与)
  • 著者について

    杉山 昌広 (スギヤマ マサヒロ)
    1978年、埼玉県生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科卒業。マサチューセッツ工科大学にて、Ph.D.(気候科学)・修士号(技術と政策)を取得後、東京大学サステイナビリティ学連携研究機構特任研究員、一般財団法人電力中央研究所社会経済研究所主任研究員等を経て、東京大学未来ビジョン研究センター准教授。専門は気候政策(モデルによるシナリオ分析)、ジオエンジニアリングのガバナンス(公衆関与)。著書に『気候工学入門―新たな温暖化対策ジオエンジニアリング』(日刊工業新聞社)がある。

気候を操作する―温暖化対策の危険な「最終手段」 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:杉山 昌広(著)
発行年月日:2021/03/26
ISBN-10:4044006113
ISBN-13:9784044006112
判型:B6
発売社名:KADOKAWA
対象:一般
発行形態:単行本
内容:天文・地学
言語:日本語
ページ数:239ページ
縦:19cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 気候を操作する―温暖化対策の危険な「最終手段」 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!