さいごのゆうれい [単行本]
    • さいごのゆうれい [単行本]

    • ¥1,870113ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月15日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003395333

さいごのゆうれい [単行本]

価格:¥1,870(税込)
ポイント:113ポイント(6%還元)(¥113相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月15日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:福音館書店
販売開始日: 2021/04/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

さいごのゆうれい [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    かなしみって、なに?その夏、せかいをとりもどすため、ちいさなゆうれいとすごした四日間―。斉藤倫、三年ぶりの長篇書き下ろし。
  • 出版社からのコメント

    ぼくが出会ったゆうれいは、自分が最後のゆうれいかもしれないといった。ゆうれいを救うため、ゆうれいと過ごした四日間。
  • 内容紹介

    世界中が「かなしみ」や「こうかい」を忘れて、だれもが幸せだった〈大幸福じだい〉と呼ばれた時代があった。そんな時代の夏休み、小五だったぼくは、田舎のおばあちゃんちに預けられた。空港のあるその町で、いわゆる「お盆」の、その最初の日に、ぼくは、ひとりのちいさなゆうれいに出会った。その子はいう。自分が、ゆうれいのさいごのひとりかもしれないと。ゆうれいを救い、世界を取り戻すために、ゆうれいと過ごした四日間。

    図書館選書
    小五の夏休み、ぼくは、ちいさなゆうれいに出会った。その子はいう。自分が、ゆうれいの最後のひとりかもしれないと。ゆうれいを救うため、ゆうれいと過ごした四日間。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    斉藤 倫(サイトウ リン)
    1969年生まれ。詩人。『どろぼうのどろぼん』(福音館書店)で、第48回日本児童文学者協会新人賞、第64回小学館児童出版文化賞を受賞

    西村 ツチカ(ニシムラ ツチカ)
    1984年生まれ。漫画家。2010年、短篇集『なかよし団の冒険』(徳間書店)でデビュー。同作で、第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞
  • 著者について

    斉藤倫 (サイトウリン)
    斉藤倫 1969年生まれ。詩人。2004年『手をふる 手をふる』(あざみ書房)でデビュー。長篇デビュー作『どろぼうのどろぼん』(福音館書店)で、第48回児童文学者協会新人賞、第64回小学館児童出版文化賞を受賞。おもな作品に『せなか町から、ずっと』『クリスマスがちかづくと』『ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集』(以上福音館書店)、『レディオワン』(光村図書)、絵本『とうだい』(絵 小池アミイゴ/福音館書店)、『レミーさんのひきだし』(共作 うきまる・絵 くらはしれい/小学館)『まちがいまちにようこそ』(共作 うきまる・絵 及川賢治/小峰書店)などがある。

    西村ツチカ (ニシムラツチカ)
    西村ツチカ 1984年生まれ。漫画家。2010年、短篇集『なかよし団の冒険』(徳間書店)でデビュー。同作で、第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞。おもな作品に『かわいそうな真弓さん』(徳間書店)、『北極百貨店のコンシェルジュさん』『西村ツチカ短編集 アイスバーン』『さよーならみなさん』(以上小学館)などがある。そのほか、装画、挿絵も『シンドローム』(作 佐藤哲也/福音館書店)『赤毛のゾラ上・下』(作 クルト・ヘルト・訳 酒寄進一/福音館文庫)など、多数手がけている。

さいごのゆうれい [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:福音館書店
著者名:斉藤 倫(著)/西村 ツチカ(画)
発行年月日:2021/04/10
ISBN-10:4834086062
ISBN-13:9784834086065
判型:B6
対象:児童
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:302ページ
縦:20cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:410g
他の福音館書店の書籍を探す

    福音館書店 さいごのゆうれい [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!