リサーチ・ドリブン・イノベーション―「問い」を起点にアイデアを探究する [単行本]
    • リサーチ・ドリブン・イノベーション―「問い」を起点にアイデアを探究する [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年12月7日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003404742

リサーチ・ドリブン・イノベーション―「問い」を起点にアイデアを探究する [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年12月7日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:翔泳社
販売開始日: 2021/04/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

リサーチ・ドリブン・イノベーション―「問い」を起点にアイデアを探究する の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    シチズン、サッポロビール、資生堂、京セラ…各社との数百件におよぶワークショップや、インテージとの共同研究で見つけた「価値創造の方法論」。
  • 目次

    序論 なぜ「リサーチ」なのか

    ■Part 1 リサーチ・ドリブン・イノベーションの背景

    第1章 リサーチ・ドリブン・イノベーションとは何か
    1.1. イノベーションの阻害要因
    1.2. イノベーションに求められる「創造的自信」
    1.3. リサーチ・ドリブン・イノベーションの特徴

    ■Part 2 リサーチ・ドリブン・イノベーションの方法

    第2章 STEP1:問いを立てる
    2.1. イノベーションは良い問いから生まれる
    2.2. 問いを立てる2つのアプローチ
    2.3. リサーチの問いを立てる具体的な手順
    Column|問いの感性を耕す9つのプログラム―QWS Cultivation Program

    第3章 STEP2:データを集める
    3.1. “良い”データに必要なこと
    3.2. データの種類と活かし方
    Column|自社の歴史も“データ”として活用する―シチズン創業100周年
    3.3. データの収集方法とそれぞれのポイント
    Column|注目を集める、ビッグデータと一人称データ

    第4章 STEP3:データを解釈する
    4.1. データの解釈において重要なこと
    Column|議論と対話の違い
    4.2. データを読み解く上で着目すべき「5つの視点」
    4.3. データを解釈するワークショップの進め方

    第5章 STEP4:合意を形成する
    5.1. 何について合意すべきなのか
    5.2. 合意のためのアプローチ
    Column|力強い共通言語がイノベーションを生み出す
    5.3. 合意に基づきアイデアを生み出し検証する

    ■Part 3 リサーチ・ドリブン・イノベーションのケーススタディ

    第6章 事例を読み解く
    6.1. ケース1:新たな世代の「保険」の意味を問い直す
    6.2. ケース2:新たなコンビニのあり方を考える
    おわりに リサーチの意味を問い直す―リサーチャーの新たな役割と可能性

  • 出版社からのコメント

    “売れる”アイデアを見つけるには?シチズンやサッポロビールなどとワークショップを重ねてきた注目のベンチャーの方法論を大公開。
  • 内容紹介

    いま注目のベンチャーが見つけた、
    アイデアが生まれる
    プロセスと場づくりのすべて。

    組織開発と事業開発を接続させ、
    「ボトムアップ型のイノベーション」に向け、
    シチズン、サッポロビール、資生堂、京セラなど、
    各社を支援してきたMIMIGURI。

    これまで数多くの企業と数百件ものワークショップを重ね、
    リサーチ会社インテージとの共同研究に取り組んできた。
    イノベーションのプロセスに火をつける、
    その方法を大公開!

    4つのステップで“売れる”アイデアを見つける、
    具体的なノウハウが満載。

     STEP 1「わからないこと」から問いを立てる
     STEP 2「わかるためのデータ」+「つくるためのデータ」を集める
     STEP 3 ワークショップでリサーチデータを読み解く
     STEP 4 多“様”決で合意を形成する

    商品開発や商品企画の担当者だけでなく、
    組織開発・人材開発の担当者、
    アイデア発想の場づくり、チームビルディング、
    コミュニティづくりに関心のある方も必読。

    ■株式会社MIMIGURIとは?■
    組織の創造性を賦活する最新理論を基盤とした、
    デザイナー、ファシリテーター、エンジニア、
    コンサルタント、研究者の専門家集団です。
    人材育成、組織開発、制度設計、事業開発、ブランド開発を
    有機的に組み合わせたコンサルティングや、
    組織の総合知を学ぶメディア運営に取り組んでいます。

  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    安斎 勇樹(アンザイ ユウキ)
    株式会社MIMIGURI代表取締役Co‐CEO/東京大学大学院情報学環特任助教。1985年生まれ。東京都出身。東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。研究と実践を架橋させながら、人と組織の創造性を高めるファシリテーションの方法論について研究している。組織イノベーションの知を耕すウェブメディア「CULTIBASE」編集長を務める

    小田 裕和(オダ ヒロカズ)
    株式会社MIMIGURIマネージャー。1991年生まれ。千葉県出身。千葉工業大学工学部デザイン科学科卒。千葉工業大学大学院工学研究科工学専攻博士課程修了。博士(工学)。新たな価値を創り出すための、意味のイノベーションやデザイン思考といったデザインの方法論や、そのための教育と実践のあり方について研究を行っている。MIMIGURIでは、新たな意味をもたらすための商品開発プロジェクトや、主体的に価値創造に取り組む人材の育成プロジェクトを中心にディレクションやファシリテーションを担当している

リサーチ・ドリブン・イノベーション―「問い」を起点にアイデアを探究する の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:安斎 勇樹(著)/小田 裕和(著)
発行年月日:2021/04/20
ISBN-10:4798168025
ISBN-13:9784798168029
判型:A5
発売社名:翔泳社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:263ページ
縦:21cm
他の翔泳社の書籍を探す

    翔泳社 リサーチ・ドリブン・イノベーション―「問い」を起点にアイデアを探究する [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!