江若鉄道〈下〉―琵琶湖西岸の気動車大国(RM LIBRARY) [単行本]
    • 江若鉄道〈下〉―琵琶湖西岸の気動車大国(RM LIBRARY) [単行本]

    • ¥1,37542ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年8月5日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003406029

江若鉄道〈下〉―琵琶湖西岸の気動車大国(RM LIBRARY) [単行本]

  • 5.0
価格:¥1,375(税込)
ポイント:42ポイント(3%還元)(¥42相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年8月5日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ネコ・パブリッシング
販売開始日: 2021/05/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

江若鉄道〈下〉―琵琶湖西岸の気動車大国(RM LIBRARY) の 商品概要

  • 目次

    江若(こうじゃく)鉄道は滋賀県の琵琶湖西岸に沿い、浜大津~近江今津間51kmを結んでいた非電化ローカル私鉄である。100年前の1921(大正10)年3月に三井寺下~叡山間の約6kmが開業、その後10年をかけて全線が開通したが、鉄道名の由来となった近江と若狭(福井県嶺南地域)を結ぶ計画は実現しなかった。開業当初は蒸気機関車による牽引であったが後に気動車を積極的に導入し、その両数の多さもあって「気動車大国」とも呼ばれ、「東の関鉄(関東鉄道)、西の江若」としてファンには知られていた。
    その後、関西地区と北陸方面を短絡する国鉄湖西線(山科~近江塩津間74.1km)の建設にあたり、路線の大部分が重複する江若鉄道はその跡地を転用する目的もあって、1969(昭和44)年11月に全線が廃止された(会社は現在「江若交通」というバス会社として存続)。本書上巻では路線建設の成り立ちや各駅の解説、沿線施設も含めた沿線模様についてお届けする。
  • 内容紹介

    「東の関鉄(関東鉄道)、西の江若」としてファンには知られていた江若鉄道の路線建設の成り立ちや各駅の解説、沿線施設も含めた沿線模様についてお届けする。

江若鉄道〈下〉―琵琶湖西岸の気動車大国(RM LIBRARY) の商品スペック

商品仕様
出版社名:ネコ・パブリッシングカンパニー
著者名:高橋 修(著)
発行年月日:2021/06/01
ISBN-10:4777054764
ISBN-13:9784777054763
判型:B5
発売社名:ネコ・パブリッシング
対象:一般
発行形態:単行本
内容:交通・通信
言語:日本語
ページ数:47ページ
縦:26cm
重量:180g
他のネコ・パブリッシングの書籍を探す

    ネコ・パブリッシング 江若鉄道〈下〉―琵琶湖西岸の気動車大国(RM LIBRARY) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!