ふるさと東京今昔散歩〈第2巻〉羽田・大森・蒲田編With English Translation [単行本]

販売休止中です

    • ふるさと東京今昔散歩〈第2巻〉羽田・大森・蒲田編With English Translation [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
100000009003406542

ふるさと東京今昔散歩〈第2巻〉羽田・大森・蒲田編With English Translation [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
日本全国配達料金無料
出版社:その他
販売開始日: 2021/04/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

ふるさと東京今昔散歩〈第2巻〉羽田・大森・蒲田編With English Translation の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    01 行楽地―羽田・穴守
    02 空港とモノレール
    03 鉄道が結ぶ駅と街
    04 大森の市街地と丘陵部
    05 大森海岸・森ケ崎
    06 大井・鈴ヶ森
    07 娯楽と産業の蒲田
  • 出版社からのコメント

    シリーズ2巻目の本書では、羽田・大森・蒲田を取り上げます。本書では東海道沿いのそれら3つの街の風景の変遷を辿りました。
  • 内容紹介

    シリーズ2巻目の本書では、羽田・大森・蒲田を取り上げます。羽田の街は江戸の漁師町である東京湾の砂州から、明治時代には人気の神社の門前町となりました。さらに大正・昭和戦前の時代には行楽地となって、現在は東京国際空港のお膝元、東京の空の玄関口となっています。大森は海岸沿いのリゾート・別荘地だった歴史があり、蒲田は映画の街として多くの人々の記憶に残っています。本書では東海道沿いのそれら3つの街の風景の変遷を辿りました。
    (1章→羽田・穴守、2章→空港とモノレール、3章→鉄道が結ぶ駅と街、4章→大森の市街地と丘陵部、5章→大森海岸・森ケ崎、6章→大井・鈴ヶ森、7章→娯楽と産業の蒲田)  

    図書館選書
    シリーズ2巻目では羽田・大森・蒲田を取り上げます。1章→羽田・穴守、2章→空港とモノレール、3章→鉄道が結ぶ駅と街、4章→大森の市街地と丘陵部、5章→大森海岸・森ケ崎、6章→大井・鈴ヶ森、7章→娯楽と産業の蒲田
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    坂崎 幸之助(サカザキ コウノスケ)
    1954年、墨田区の酒屋の次男坊として生を受ける。今年でプロデビュー46年になる日本の老舗バンド「THE ALFEE」のボーカル&ギター。本職の音楽以外でも趣味や興味の範囲が広く、和ガラス、古カメラ、古絵葉書、古写真、浅草十二階もの、セルロイドなどの蒐集、さらに両生爬虫類や魚類の飼育等々とどまるところを知らない。自らの手による写真と書を組み合わせた書写真展を毎年二回ずつ開催し、他にも各専門書への執筆活動など毎年のライブツアーの合間を見つけては、忙しくも楽しんでいる。現在ラジオ番組のパーソナリティーとしても活躍中

    生田 誠(イクタ マコト)
    1957年、京都市東山区生まれ。実家は三代続いた京料理店。副業として切手商を営んでいた父の影響を受け、小さい頃より切手、切符、展覧会チケットなどの収集を行う。京都市立堀川高校を卒業して上京し、東京大学文学部美術史専修課程で西洋美術史を学んだ。産経新聞文化部記者を早期退職し、現在は絵葉書・地域史研究家として執筆活動などを行っている。著書多数

ふるさと東京今昔散歩〈第2巻〉羽田・大森・蒲田編With English Translation の商品スペック

商品仕様
出版社名:フォト・パブリッシング
著者名:坂崎 幸之助(著)/生田 誠(著)
発行年月日:2021/05/01
ISBN-10:4802132433
ISBN-13:9784802132435
判型:B5
発売社名:メディアパル
対象:一般
発行形態:単行本
内容:旅行
言語:日本語
ページ数:95ページ
縦:26cm
横:18cm
厚さ:1cm
重量:358g
他のその他の書籍を探す

    その他 ふるさと東京今昔散歩〈第2巻〉羽田・大森・蒲田編With English Translation [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!