職人集団の歴史地理―出稼ぎ鍛冶の地域的展開 [単行本]

販売休止中です

    • 職人集団の歴史地理―出稼ぎ鍛冶の地域的展開 [単行本]

    • ¥13,200396ポイント(3%還元)
100000009003406866

職人集団の歴史地理―出稼ぎ鍛冶の地域的展開 [単行本]

価格:¥13,200(税込)
ポイント:396ポイント(3%還元)(¥396相当)
日本全国配達料金無料
出版社:古今書院
販売開始日: 2021/04/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

職人集団の歴史地理―出稼ぎ鍛冶の地域的展開 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    序 章
    【第1部 研究史】
    第1章 辞典の記述を通してみた日本における鍛冶に関する研究の蓄積
    第2章 日本における鋳物師と鍛冶に関する研究の進展
    第3章 アイルランドにおける鍛冶と鋤の研究史
    【第2部 東海地方における大野鍛冶の地域的展開】
    第4章 三河と尾張における鍛冶集団
    第5章 大野鍛冶と「江州辻村」の鋳物師と鍛冶
    第6章 19 世紀以降の大野村とその周辺地域における鍛冶
    第7章 東春日井郡における大野鍛冶の地域的展開
    【第3部 近畿地方における紀州鍛冶の地域的展開】
    第8章 『農具便利論』の「農具鍛冶」と「其処の鍛冶」
    第9章 京都府における野鍛冶の地域的構成
    第10章 船井郡における紀州鍛冶
    第11章 京都府の山城における紀州鍛冶
    第12章 奈良県における紀州鍛冶
    【第4部 紀州鍛冶の集団構造と輩出地域の構成】
    第13章 文政期以降の南部川流域における紀州鍛冶
    第14章 安政期の山城とその周辺における紀州鍛冶の分布
    第15章 紀州鍛冶に関わる受容地域の構成
    第16章 田辺領における鍛冶仲間と「出張稼」
    第17章 田辺領における本役鍛冶の稼ぎ場地域
    第18章 新宮領における野鍛冶と紀州鍛冶
    終 章
  • 出版社からのコメント

    農具の製造・修理を行った野鍛冶に焦点を当て、彼らがどのような集団として機能していたのかを詳細なフィールド調査をもとに解明。
  • 内容紹介

    近隣の地域に出かけて鉄製の農具(主に鍬)の製造・修理を行った「野鍛冶」に焦点を当てた稀有な専門書。近世以降、彼らはどのような職人集団として機能していたのか。東海地方における「大野鍛冶」、近畿地方における「紀州鍛冶」を主な対象として、輩出地域と受容地域の双方における詳細なフィールド調査をもとに、その地域的展開と集団構造を解明。さらに、アイルランドにおける鍛冶と鋤の研究史を整理することで、より広い視野からの分析を試みる。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    河島 一仁(カワシマ カズヒト)
    1955年11月大阪府堺市生まれ。1984年3月立命館大学大学院文学研究科博士課程後期課程中退。立命館大学文学部助手、立命館大学文学部助教授を経て、立命館大学文学部教授

職人集団の歴史地理―出稼ぎ鍛冶の地域的展開 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:古今書院
著者名:河島 一仁(著)
発行年月日:2021/03/12
ISBN-10:477224221X
ISBN-13:9784772242219
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:地理
言語:日本語
ページ数:583ページ
縦:22cm
横:15cm
厚さ:4cm
重量:966g
他の古今書院の書籍を探す

    古今書院 職人集団の歴史地理―出稼ぎ鍛冶の地域的展開 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!